『ゴジラVSコング』2021年5月21日に公開延期へ - 元は『マトリックス4』の公開日に移動

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

レジェンダリー・フィルムが展開するモンスターバースシリーズの集大成『ゴジラVSコング』の公開日が2020年11月20日から2021年5月21日に延期されることが発表された。

元々公開する予定だった『マトリックス4』が2022年公開にずれ込んだことにより、今作が代わりに位置することとなった。
先日には公開日に近い日付で発売する予定だったアート本が2021年5月発売に延期されたことによって、ファンの間では映画の公開も延期されると噂されていた。残念ながらその推測は当たってしまったのだ。

ちなみに新しい公開日はMCUシリーズの『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』の2週間後となっている。

『ゴジラVSコング』のアダム・ウィンガード監督は自身のインスタグラムにて次のようにコメントしている。

『すべてのゴジラとコングのファンへ。私はあなたたちが世紀の対決がどうなるのかを興奮して待っていることをしっています。なんにしてもすべては進行中なので、誰が勝つこといなるのかを見るにはもう少しだけ待つ必要があります。2021年5月のゴジラVSコングの対決で最高のものを見てください!』

今作は『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ』でキングギドラを倒して地球の怪獣王に君臨したゴジラと、50年以上の時を経てさらに巨大に成長したキングコングの世紀の対決を描いている。
1962年に日本で公開された『キングコングVSゴジラ』のリメイクに近いが、内容に関してはどのようになるのかは明らかになっていない。

日本からは俳優の小栗旬も出演予定の『ゴジラVSコング』は2021年5月21日に公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする