『エターナルズ』、二人のキャラのみフルCG衣装になっていた ー 撮影終了後にデザイン変更

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『エターナルズ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズとして劇場公開された『エターナルズ』では、皆が特徴的なスーツを着ていることで、どことなく神々しさを感じるキャラクターとなっていた。

全員が共通点もありながらも、個性的なデザインの衣装を着ているエターナルズだが、実は撮影が終わったあとにデザインが変更されたことで、劇中のシーン全てがCGで再現されていたことが明らかになった。

※この記事には『エターナルズ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『エターナルズ』の視覚効果スーパーバイザーは海外メディアのインタビューに対して、アンジェリーナ・ジョリーのセナと、ポストクレジットシーンに登場したハリー・スタイルズのエロスの衣装は全てCGによって再現していることが明らかになった。

Two Eternals Characters Had to Have Their Costumes Computer-Generated

セナがスーパーヒーローを着ている時、常にフルCGでした。彼女は撮影が終わったあとにスーツのデザインが変更されているため、首から下はCGです。』

エロスについてはポストクレジットシーンのみなので少ない登場時間ではあったが、セナは全編を通じて登場するメインキャラクターでもあるため、その作業が非常に手間のかかるものであることは確実だろう。

基本的には戦闘状態のスーツがCGということで、それ以外の平常時の衣装は撮影時のものを使用しているようだ。

なぜデザインが変更され、以前のデザインがどのようなものだったかはわかっていないが、今後何かしらのタイミングでコンセプトアートなどが解禁されることを楽しみにしておきたいところだ。

『エターナルズ』は2021年11月5日より日本でも劇場公開されている。

関連記事を読む

コメントをする