『エターナルズ』サルマ・ハエック、エイジャックのキャラクターについて語る ー 「母性によりリーダー」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCU最新作の『エターナルズ』では、神々の種族を率いるリーダーとしてエイジャックという女性キャラクターが登場する。彼らを作り出したセレスティアルズと唯一交信することが可能で、映画では地球に迫る危機をイカリスに知らせる役目も担っていた。

そんなエイジャックを演じるサルマ・ハエックは彼女の役のキャラクターについて話してくれた。

Marvel’s Eternals lands on the cover of Total Film magazine – on sale now!

『クロエ・ジャオ監督は、エイジャックが母性の観点からくるリーダーシップの概念を取り入れることに決めました。私は母親ではありません。エイリアンですし、子供を持つこともできません。』

実はコミックでのエイジャックは男性キャラクターであり、言ってしまえば母性とは無縁のキャラクターではあった。それは女性に変更されたことで彼女の行動理念を根拠づけるために母性というものが利用されているのだ。

また「子供を作ることができない」とも話しているが、エターナルズ自体が生殖による繁栄をすることはできないらしく、エターナルズのメンバー全員に子供はいない。その代わり数万年もの悠久の時を生きることができるようになっている。

長い間地球に身を潜め、人間とともに暮らしてきたエターナルズではあるが、彼がディヴィアンツが現れることで真の姿を再び現すのが今作のストーリーともなっている。MCUシリーズとしても初めてエターナルズというキャラクターを描くため、どのような設定と行動原理によって人間たちを導いてきたのかにも注目をしておこう。

『エターナルズ』は2021年11月5日に日本公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする