『エターナルズ』出演のジェンマ・チャン、別キャラでのMCU出演にコメント ー 「戻れて嬉しい」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2021年11月に公開を予定しているMCUシリーズ最新作『エターナルズ』では、数多くのヒーローが登場してくることになっているが、それを演じる俳優陣には一部にMCU経験者も存在している。

それがセルシを演じるジェンマ・チャンだ。彼女は2019年公開の『キャプテンマーベル』にてスターフォースのメンバーであるミン・エルヴァ役として出演していた。もちろん2つのキャラクターに共通点は無く、まったくの別人だ。

MCUにて異なるキャラクターを演じることとなったジェンマ・チャンはこの経験についてインタビューでコメントを寄せた。

『幸運だと感じた』

『エターナルズ』でセルシを演じるジェンマ・チャンは海外メディアのインタビューに対して、同シリーズで別のキャラを演じた経験について語った。

Gemma Chan Takes On Her Second MCU Character In The ‘Epic, Ambitious’ Eternals – The British New Wave Issue

『最初に出演してすぐにMCUに戻ってこれて本当にラッキーだと思います。レセプションはとても温かかったです。2つの映画でクルーが共通しているところもあったので、その意味でも連続性があって幸運に感じました。

同じマーベル・スタジオの元で製作されている『キャプテンマーベル』と『エターナルズ』は製作するスタッフにも共通した人物がいるとのことで、現場的にも慣れた雰囲気を感じたと語るジェンマ・チャン。

彼女は、一方でヒーローに立ちはだかるヴィラン、一方では地球の文明を発展させたヒーローという全く異なる側面のキャラを演じるという稀有な存在ともなっているといえるだろう。

ちなみにジェンマ・チャンのようにMCUシリーズで別のキャラクターを演じた俳優は他ほかにも存在し、その筆頭なのがマハーシャラ・アリだろう。

マハーシャラ・アリはNetflixドラマ『ルーク・ケイジ』でコットンマウスを演じ、今後公開予定の映画『ブレイド』では主演を務める予定となっている。ヴィランからメインヒーローへと変貌を遂げている点では、ジェンマ・チャンとも共通しているといえるだろう。

サブキャラクターレベルでは同じく『ルーク・ケイジ』でマライアを演じたアルフレ・ウッダードは、『シビルウォー/キャプテンアメリカ』でトニーに息子の死を訴えた悲しき母親のミリアムを演じていた。

意外と前例のあるMCUでの俳優の再起用。一時はタブーともいわれていたのだがいつのタイミングからか解禁され、才能ある俳優たちが様々なキャラクターを演じる彩を見せることになる。

今後の展開にも注目の『エターナルズ』は2021年11月5日に日本公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする