『エターナルズ』VFX責任者、セレスティアルズの大きさを明かす ー 「手から頭が100キロ以上」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

『エターナルズ』にはMCUのユニバースを作り出した超常的な存在であるセレスティアルズという種族が登場している。
セレスティアルズは宇宙や銀河、惑星を創造することができるパワーを持っており、その分大きさも非常に巨大であることがわかっている。

今回、『エターナルズ』のVFXスーパーバイザーであるマット・エイトケン氏が具体的なセレスティアルズの大きさを明かしてくれた。

Eternals VFX Boss Reveals How Massive Celestials Really Are

『巨大なスケールでした。彼の手から頭までは100キロメートルです。頭から爪先までは500キロメートル、約300マイルだと思います。かなり大きいです。』

もちろん劇中に登場したセレスティアルズが実際にこの設定通りの大きさというわけではないと思われるため、あくまで設定上の話だとしている。

セレスティアルズは頭だけでも人が住むことができる巨大さを誇っており、過去のMCU作品に登場したコレクターが住むノー・ウェアーは死亡したセレスティアルズの頭を使っている。

恒星や惑星を作り出しことができることを考えれば、今回エイトケン氏が明かした以上にセレスティアルズが巨大であることは想像がつくだろう。

今後のMCUシリーズにおいてはこのセレスティアルズも大きく関わってくることが予想され、彼らの動向についても大いに注目をしておこう。
『エターナルズ』は2021年11月5日より日本でも劇場公開中だ。

関連記事を読む

コメントをする