『ドクターストレンジMoM』はMCUホラー映画の第一歩? ー サム・ライミ監督が明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの最新作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』はホラー映画監督としても著名なサム・ライミ監督を採用することで、シリーズとしても初のホラー作品として描かれることが示唆されている。

こういった動きはDisney+ (ディズニープラス)の『WHAT IF…?』でのゾンビのエピソードや、『ムーンナイト』のバイオレンス演出などがあり、いままでになかったジャンルの作品にマーベル・スタジオは挑もうとしている。

そしてサム・ライミ監督は海外メディアのインタビューのなかで、スタジオと代表のケヴィン・ファイギ氏は『ドクターストレンジMoM』を最初のホラー映画にしたかったことを明かした。

『これがマーベルとケヴィン・ファイギが本当にやりたかったことです。彼らは『マルチバース・オブ・マッドネス』をホラー映画への最初の作品にし、つま先を水に浸すような取り組みになると考えています。ただこの映画は地球全体を震撼させ、地面を揺るがすほど恐怖があるような作品ではなく、 「ドクター・ストレンジ」のコミックで見られるような恐怖と不気味さが描かれています。』

今作はホラー映画として描かれることはサム・ライミ監督が就任する以前からも言われており、前作でメガホンをとったスコット・デリクソン監督もその依頼を受けていたとしている。

のちにデリクソン監督は創造上の違いから離脱したが、かつてトビー・マグワイア版『スパイダーマン』シリーズを制作し、ホラー映画監督でもあるサム・ライミ監督が就任するというのは、ある意味では運命のめぐり合わせのようなものだっただろう。

予告編でもゾンビになったストレンジや、三つ目のストレンジなど、いままでにない描写もあることが期待されており、その演出にも注目が集まっている。

ジャンプスケア(大きな音などで驚かす演出)もある『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は2022年5月4日より日本公開予定だ。

『ドクターストレンジ』配信中!

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。