『ドクターストレンジMoM』、『ワンダヴィジョン』登場のダークホールドがキーアイテムに ー 元は映画からの要望だった?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの最新映画としてまもなく公開が迫っている映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』
今作にはエリザベス・オルセン演じるワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチも登場することがわかっており、Disney+ (ディズニープラス)ドラマ『ワンダヴィジョン』のストーリーを直接受けての内容も盛り込まれている。

そんな今作に、ドラマのラストでワンダが呼んでいたダークホールドが関係してくることが、『ワンダヴィジョン』と『ロキ』の製作に携わったラッセル・ホビット氏より明らかにされた

『ダークホールドは映画(「ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」)のプロップチームからのものでした。そしてストーリー的にはドラマより重要なアイテムになります。彼らはダークホールドを考え、私は映画のために使いました。』

ダークホールドは元々はアガサ・ハークネスが所有していた本で、後にワンダが自らの力をさらにパワーアップさせるためにアストラル体のような姿になって呼んでいたことがドラマのラストシーンで明らかになっていた。

そして『ドクターストレンジ』の映画にも関わってくることは以前にも伝えられており、物語に何かしらの影響を与えることになっているようだ。

振り返ると、MCU作品でのダークホールドはドラマ『エージェント・オブ・シールド』にも登場したことがあり、ゴーストライダーなどが関係したストーリーで扱われていた。ただそのダークホールドと今回のものは共通したものではないようで、いまのところ2つの作品間の関係は明らかにされていない。

果たしてダークホールドは『ドクターストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のなかでどのように扱われていくのだろうか?映画の公開前に改めて『ワンダヴィジョン』を振り返っておくのも良いかもしれない。
映画は2022年5月4日に日本公開予定だ。

『ドクターストレンジ』配信中!

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。