ディズニー、独自のストリーミングサービス立ち上げでNetflixと決別か?

      2017/09/11

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ディズニーの会長兼SEOのロバート・A・アイガー氏は先日、ディズニー独自の消費者向けストリーミングサービスの発足を発表しました。

また、決算発表の際にはディズニーとNetflixとの契約が更新されていないこともわかりました。

Marvel and Star Wars Movies Are Leaving Netflix in 2019

ディズニーと言えばピクサー映画などのアニメ映画を始め、傘下にはスターウォーズのルーカス・フィルムや、マーベルもグループに組み込まれています。
日本ではあまり馴染みのない組み合わせかもしれませんが、マーベルキャラを用いたディズニーのアトラクションなどが海外では存在しています。(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーやアイアンマンなど)

そして現在、マーベルスタジオとNetflixは共同でオリジナルドラマを配信していますよね。
『デアデビル』を始め、『ジェシカ・ジョーンズ』や『ルーク・ケイジ』、『アイアンフィスト』はファンの間で有名です。最近は『ザ・ディフェンダーズ』も配信されています。今後も新作の配信が予定されていますよね。

そんな中でのディズニーとNetflixの契約の未更新と、新たなストリーミングサービスの立ち上げニュースはファンにとって驚きでしょう。
Netflixと言えばマーベル作品のイメージを持った人もいると思います。

今後の予定としては、ディズニーがオリジナルのストリーミングサービスを立ち上げると、Netflixのマーベルとスターウォーズ関連の作品は引き抜かれてしまうそうです。

具体的なことはまだ不明ですが、『デアデビル』に始まるマーベル作品の過去作や最新作の配信先がどうなってしまうのか気になりますよね。
Netflixオリジナルドラマに関してはディズニーが関与していないため、そのままNetflixでの配信となることが判明しました!

また新たな情報がありましたらお伝えいたします!

Netflixでは現在、『デアデビル』シーズン3、『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン2、『ルーク・ケイジ』シーズン2、『パニッシャー』などの作品の配信が予定されています。

オススメ記事

ゆるーくツイートしております。

あわせて読みたい


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です