DCドラマ『タイタンズ』のナイトウィングにブレントン・スウェイツが決定!

   

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

DCコミックスは映画やドラマで様々なヒーローの実写化を行っています。
「DCEU(DCエクステンドッドユニバース)」やドラマ『アロー』に始まる「アローバース」はどちらも人気シリーズとなっています。

そんな中、新たなDCドラマである『タイタンズ』の主演の情報が解禁されました!

今回、『タイタンズ』でナイトウィングを演じるのは『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』でヘンリー・ターナーを演じたオーストラリア出身の俳優ブレントン・スウェイツが務めることが決まりました!

#onthemove @daman_magazine feb/march 2017 issue

Brenton Thwaitesさん(@brentonthwaites)がシェアした投稿 -

一度は白紙になっていた『タイタンズ』にドラマですが、ようやく動き出したということですね!

『タイタンズ』はDCコミックのバットマンやフラッシュなどのサイドキック(相棒)たちで作られたヒーローチーム。
バットマンのロビンや、フラッシュのキッドフラッシュ、アクアマンのアクアラッドなどなど様々な能力を持ったヒーローが登場します。

また今作は『ティーン・タイタンズ』としてアニメも放送されています。日本では2004年に放送。

今回のドラマはティーンだったキャラクターたちが成長した姿になっています。ロビンもナイトウィングとなっているわけですね。

今作にはナイトウィングの他に、スターファイヤー、レイヴン、ビーストボーイの登場も予定されています。キャストは未発表。
そういえばレイヴンはめちゃくちゃ可愛いフィギュアが出てなーとおもいだしました笑

今作が「DCEU」や「アローバース」などの他作品とどのような関連があるのかは不明
特に「DCEU」との関連は気になりますよね。

理由としては『バットマンVSスーパーマン』や『スーサイドスクワッド』でジョーカーとハーレイ・クインが「ロビン殺害」の罪で投獄されていることが判明しています。
『BvS』ではジョーカーにずたずたにされたと思われるスーツも出てきています。

ただ、そのロビンも実は原作だと二代目である「ジェイソン・トッド」だったということも劇中で判明しています。

ですので初代ロビンでナイトウィングのディック・グレイソンはもしかしたら「DCEU」との関連がある可能性もありますよね。

いずれにしても放送が楽しみです!
ドラマ『タイタンズ』は全13話で、2018年にライブストリーミング配信で放送予定です。

オススメ記事

ゆるーくツイートしております。

あわせて読みたい


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です