DCマルチバース バットマン(『ザ・バットマン』) レビュー

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCマルチバース バットマン(『ザ・バットマン』) レビュー

価格3,500円(税込)
発売日2022年3月
メーカーマクファーレン・トイズ
作品『ザ・バットマン』

DCマルチバース バットマン(『ザ・バットマン』)のパッケージ

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー パッケージ

ということでまずはパッケージから。デザイン自体は映画のロゴがあるぐらいで、基本は同じ。

  • DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー パッケージ
  • DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー パッケージ

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー パッケージ

他にラインナップとしてはリドラー、キャットウーマン、バットサイクルなどがあり。

DCマルチバース バットマン(『ザ・バットマン』)の本体

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

早速取り出して、DCマルチバースのバットマン(『ザ・バットマン』)をレビューしていきましょう。まずは全身から。

  • DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体
  • DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

ぐるっと一周。DCマルチバースのなので大きめなスタイルではありますが、劇中のスーツをベースにして立体化していますね。まだ映画が公開されていないので、なんともですが、概ねがっしりとしたスタイルとスーツの造形を再現していると思います。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

  • DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体
  • DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

バストアップ。マスクの造形も耳がないがデザインとなっています。実際はもっと革製品っぽい光沢感があるのですが、DCマルチバースの方は違う感じですね。そして珍しいのがデフォルトで左目線っていう。これは正直遊びづらいですね。差し替えヘッドもないので、これだけでポージングすることになります。
目と唇の塗装はデジプリとなっています。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

胸のアーマーはこんな漢字。結構がっしりと厚みのあるボディが好印象。胸のバットラングは劇中だと外せるみたいですが、今回のDCマルチバースでは外すことはできず。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

腕もがっしりとマッシブな印象。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

肩アーマーは軟質素材ですね。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

シルバーの武装は塗装されています。ちなみに手首パーツは左手が持ち手、右手がグラップルガン用の穴が空いた手刀となっています。交換はできず。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

脚もがっしりと太め。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

太もものシワの感じとかもリアルですね。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

ブーツは光沢感のある塗装に。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

マントは軟質素材。シワの造形はリアルですが、特に広げたりできない形ですね。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

マントをめくると背中はシンプル。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 本体

MAFEXのバットマン(『ジャスティス・リーグ』)と、DCマルチバースのタクティカル・スーツ バットマンと比較。大きさは耳の分だけ、『ザ・バットマン』が一番大きいですね。DCマルチバース同士だと並べても特に違和感はないですね。

DCマルチバース バットマン(『ザ・バットマン』)の付属品一覧

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 付属品 グラップルガン

付属品にはバットマンのおなじみのアイテムであるグラップルガンが付属。造形はありますが、色は真っ黒。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 付属品 グラップルガン

反対側には大きな突起があるので、手刀の形になった右手の穴につけることができます。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 付属品 台座

こちらはいつもの台座。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 付属品 ビジュアルカード

そしてビジュアルカードがあります。こんなシーン、予告にありましたね。

DCマルチバース バットマン(『ザ・バットマン』)の可動範囲

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 可動範囲

首の回転と肩の可動は意外と動かせますね。

  • DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 可動範囲
  • DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 可動範囲
  • 首前後はぼちぼち。

  • DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 可動範囲
  • DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 可動範囲

腰の前後も動かせますね。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 可動範囲

腰回転も広め。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 可動範囲

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー 可動範囲

パンツ部分が軟質なので、開脚も前後左右開きます。

DCマルチバース バットマン(『ザ・バットマン』)のアクション!

Youtubeでもレビューしていますので、ぜひご覧ください!

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

ということで、DCマルチバースの『ザ・バットマン』のバットマンのアクションをしていきましょう。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

映画の公開前に発売されるのはアメトイの良さ。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

ただ左目線のヘッドしかないのがちょっとね。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

アクションは基本左側だけ。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

可動域は意外と動く印象。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

手のパーツも交換とかはないので、内容としては非常にシンプル。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

目線が左向いているので、ガードするような感じも。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

ガッシリとした体の厚みの表現がDCマルチバースの良さだったりする。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

グラップルガンをもたせる。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

握ってはいないのがとても不自然だけどね。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

ワイヤーで上る感じも。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

後ろ姿なら目線は気にならない。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

お腹の主張も激しいね。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

ちなみにグラップルガンは使わないときは右太ももにマウントさせてる模様。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

気になって左手に持たせてみたけど、不格好すぎた。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

映画の公開は楽しみ。

DCマルチバース バットマン ザ・バットマン レビュー アクション

ということで、DCマルチバース バットマン(『ザ・バットマン』)のレビューでした。

左目線しかないのは買う前から不安では在りましたが、やっぱりポーズは縛りがありますね。試しに右側を向いてアクションさせてみたけど、不自然過ぎました。
造形としては結構よくて、がっしりとしたスタイルなのがかなり好みです。スーツの再現も概ね良さげですよね。可動域も意外と動くので、アクション性も高いです。もっと武器類があればよかったですが、価格帯的には難しいのかもですね。他にもラインナップがあるので、コレクションアイテムとしては良さげなバットマンでした。

ゆとぴ

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。