『デアデビル』主演俳優、新作中止にコメント - 「これがビジネスだ」

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

Netflixのマーベルドラマシリーズ『デアデビル』の新作が中止になったという情報が発表されてから数日。脚本家やキングピン役のヴィンセント・ドノフリオがコメントを発表していた中、主演を務めるチャーリー・コックスは今まで沈黙を続けていました。

そして海外メディアのインタビューにより、その沈黙が破られてました。

『非常に有意義な4年半だった』

Charlie Cox breaks silence on Daredevil cancellation: 'I'm very saddened'

『これはビジネスの仕組みだ。だけどキャラクターが多くに人々にとって意味はあった。僕にとってここ最近の4年半は非常に有意義だった。だから僕がもうマット・マードックを演じることはないと思うのはおかしなことだ

直近で配信された『デアデビル』シーズン3は、シーズン1、シーズン2に続いて安定した評価を得ており、シーズン4製作もほぼ決定したと思われていました。

しかしディズニーが2019年より始める独自ストリーミングサービス「ディズニー+」の影響なのか、Netflixで展開されているマーベルドラマの半分以上がシリーズ中止に追い込まれています。
『デアデビル』の他にも『アイアンフィスト』や『ルーク・ケイジ』も製作中止が決定しています。

今後ドラマの新作が見れるかどうかは不明ですが、いずれも今後のマーベルプロジェクトにキャラクターがかかわってくると公式から明言されています。
それがどのような形になるのかは発表されていませんが、映画に登場や、ほかのマーベルドラマへの登場の可能性は十分に考えられます。

いずれにしてもファンは彼らがまた帰ってくることを祈るしかないでしょう。

Netflixは現在『パニッシャー』シーズン2、『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン3の配信を予定しています。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!