『デアデビル:ボーン・アゲイン』は”暴力表現は少ない”? ー 主演俳優がコメント

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

Netflixではシーズン3まで制作され、惜しくも終了しながらも、マーベル・スタジオの元で奇跡の復活を果たすドラマ『デアデビル』。

新作の『デアデビル:ボーン・アゲイン』はDisney+ (ディズニープラス)での配信が決まっており、2023年に1年かけて撮影が行われるとされている。

シーズン4ともいうべき立ち位置の作品ではあるが、主演をするチャーリー・コックス海外メディアのインタビューに対して、ドラマのトーンは暗くとも、予想よりは暴力表現は少ないとコメントをしている。

”これは生まれ変わりでなければならないんです。違うものでなければならない。そうじゃなければ私たちはなぜドラマに出演しているのだろうか?私の考えるのは、『デアデビル』はもう少し成熟した視聴者をターゲットにすることで、最もうまく機能します。私が思うにドラマはDisney+ (ディズニープラス)のなかでは暗い作品になりますが、おそらくそれほど暴力的ではないということです”

Netflix時代の『デアデビル』は全シーズンにおいて暴力表現が多用されているドラマであり、それがひとつの魅力でもあった。

痛々しくも戦うマット・マードック/デアデビルや、多数の敵を相手にした廊下でのアクション、キングピンとの死闘などは未だに語り継がれる名シーンだ。

デアデビルが登場した『シー・ハルク:ザ・アトーニー』でもそれをオマージュしたシーンをやろうとしていたこともわかっており、ファンが求めていることも制作サイドはわかっているとみられる。

おそらくチャーリー・コックスの言う通り、今まで配信されてきたDisney+ (ディズニープラス)のマーベルドラマのなかでは暗い内容になることは確実だろうが、ディズニー社傘下での制作で、どこまで暴力的な表現に挑めるかはまだ未知数だ。

果たしてNetflix時代のものと比べて遜色しない、さらにはそれを超えるような内容のドラマを作ることができるのだろうか?
『デアデビル:ボーン・アゲイン』は2024年にDisney+ (ディズニープラス)で配信予定だ。

『デアデビル』が見放題

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。