マーベル公式、キャプテン・アメリカの盾のタイムラインを明らかに ー 40年代から現代までの流れが明確に

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

アベンジャーズのリーダーとして『アベンジャーズ/エンドゲーム』まで活躍してきたスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ
そんな彼のシンボル的存在でもあるのが星条旗のデザインをイメージした盾だろう。

1940年代の第二次世界大戦からキャプテンとともに戦い、そして現代のサム・ウィルソンまでに受け継がれる盾のタイムラインが、英国のマーベル公式インスタグラムアカウントにて公開された。

盾は『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』から始まり、『アベンジャーズ』、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』、そしてドラマの『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』まで全7作品での登場作品が時系列でまとめられている。

同時に主要な出来事や使用者などもまとめられており、ファンにはたまらない情報となっている。
一方で『エンドゲーム』でサノスに破壊された後に、サムの譲られるまでどのようにして修復されたかについては不明なままで、謎も未だに残っている。

盾は現在新たなキャプテン・アメリカとなったサム・ウィルソンに使用されており、今後は映画『キャプテン・アメリカ4』での活躍にも期待がされている。

果たして新たなキャプテン・アメリカの元で、盾はどのような使われ方をされていくのだろうか?今後の展開に注目しておこう。

関連記事を読む