【予約開始】ホットトイズ新作!『バットマン ビギンズ』版バットマン&バットモービルが2022年12月発売!

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ハイエンドフィギュアを展開する「ホットトイズ」から新作アイテムが到着!
待望の人気作『バットマン ビギンズ』からバットマンと、専用マシーンのバットモービルが商品化だ!

ホットトイズ ムービー・マスターピース バットマン 2.0版(『バットマン ビギンズ』)

ホットトイズ  ムービー・マスターピース バットマン 2.0版(『バットマン ビギンズ』

『バットマン ビギンズ』に登場するバットマンを、全高約32センチ、30箇所以上が可動するハイエンドな1/6スケールのフィギュアとして立体化。

ホットトイズ  ムービー・マスターピース バットマン 2.0版(『バットマン ビギンズ』

ヘッドは2種が付属。1つ目は、マスクを着用したヘッド。マスクを着用したヘッドは、3種類のフェイスパーツを差し替えることによって、さまざまな表情を演出することが可能だ。

ホットトイズ  ムービー・マスターピース バットマン 2.0版(『バットマン ビギンズ』

2つ目は、演じるクリスチャン・ベールの肖像権をクリアしたブルース・ウェインのヘッド。皮膚の質感や皺などを再現すべく、一つひとつハンドペイントで塗装が施されている。

ホットトイズ  ムービー・マスターピース バットマン 2.0版(『バットマン ビギンズ』

軍事用防護スーツをベースに、ルーシャス・フォックスが製作したバットスーツは、質感やディテールにこだわり、細部に至るまで精巧な仕上がり。

マントはワイヤーを内蔵しているので動きをつけることが可能だ。
付属する目出し帽やハーネスを使用すれば、自警活動を開始し、ゴードン警部補のもとを訪れた際の姿を再現することができるぞ。

素体は、筋肉質な肉体の再現度を高めるため、新たに開発したボディーを採用している。

ホットトイズ  ムービー・マスターピース バットマン 2.0版(『バットマン ビギンズ』

⇒「ホットトイズ ムービー・マスターピース バットモービル(『バットマン ビギンズ』)」の販売ページ

武器として、ユーティリティベルトに装着可能なバットラング、爆弾が付属。アクセサリーとして、携帯電話が付属する。多彩な差し替え用ハンドパーツを使用すれば、劇中シーンを楽しむことができるぞ。

台座は、作品のロゴやアートがあしらわれた特別仕様だ。

「ホットトイズ  ムービー・マスターピース バットマン 2.0版(『バットマン ビギンズ』)は2022年12月にトイサピエンス限定で発売!

⇒「ホットトイズ ムービー・マスターピース バットマン 2.0版(『バットマン ビギンズ』)」の販売ページ

ホットトイズ ムービー・マスターピース バットモービル(『バットマン ビギンズ』)

ホットトイズ ムービー・マスターピース バットモービル(『バットマン ビギンズ』)

『バットマン ビギンズ』に登場するバットモービルを、全長約73センチのハイエンドな1/6スケールのビークルとして立体化。
戦車のような重厚感のあるデザインが特徴的な、マットブラックの車体は、業界トップクラスの技術で塗装が施されている。

ホットトイズ ムービー・マスターピース バットモービル(『バットマン ビギンズ』)

大迫力の大型タイヤはもちろん、後部のジェットエンジン噴射口、コックピット内部、ワイパーやサスペンションなど、ディテールを余すことなく精巧に再現。
フロントの10箇所に白く発光するLEDライトアップ機能を搭載している。

ホットトイズ ムービー・マスターピース バットモービル(『バットマン ビギンズ』)

ブレーキフラップは可動するので、角度を変えることが可能だ。コックピットは、実車同様にルーフ部分がスライド開閉。1/6スケールのバットマンはもちろん、同スケールのフィギュアを搭乗させることができるぞ。

※フィギュアは別売りです。
※電池は付属しません。
※本製品は、2012年8月に発売した【ムービー・マスターピース】『ダークナイト』
1/6スケールビークル バットモービルと同一の仕様です。

出典:BATMAN BEGINS and all related characters and elements © & ™ DC Comics and Warner Bros. Entertainment Inc. WB SHIELD: ™ & © WBEI. (s21)

関連記事を読む

コメントをする