『シークレット・ウォーズ』『ザ・カーン・ダイナスティ』に新たなチームアップ? ー ファンの妄想実現か

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『アベンジャーズ/ザ・カーン・ダイナスティ』&『アベンジャーズ/シークレット・ウォーズ』のネタバレが含まれている可能性があります。ご注意ください。

MCUのマルチバース・サーガとして公開を予定している映画『アベンジャーズ/ザ・カーン・ダイナスティ』と『アベンジャーズ/シークレット・ウォーズ』

この二作品の詳細はまだ公式には明らかになっていないのだが、前者は征服者カーンがメインヴィランとなり、後者はマルチバースのヒーローやヴィランたちが激突する内容になるとも言われている。

そんな2作品について実績のある海外のスクーパーは、ファンが期待するヒーロー同士のチームアップが描かれるとしている。

まず『ザ・カーン・ダイナスティ』はニュー・アベンジャーズとも言うべき、フェイズ4以降に登場した新たなヒーローたちのアッセンブルが見れるとしている。
具体的なメンバーは挙げていないが、おそらくサム・ウィルソンのキャプテン・アメリカやシュリのブラックパンサーなどの2代目系ヒーローや、ケイト・ビショップやMs.マーベル、アメリカ・チャベス、キャシー・ラングなどの若手ヒーロー、さらにはムーンナイトやシー・ハルク、サンダーボルツに所属するエレーナやレッドガーディアンなどの登場にも期待ができる。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』以降だけでも初登場したキャラクターは非常に多く、さらに追加される可能性もあるため、『ザ・カーン・ダイナスティ』でどのようなキャラクター同士の集合が見れるのか楽しみである。

『シークレット・ウォーズ』についてはマルチバースからのヒーローに焦点を当てるとしている。
なかでも『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』で復活したトビー・マグワイアのスパイダーマンや、『デッドプール3』で復活を予定しているヒュー・ジャックマンのウルヴァリンなどの共演が見れるとしている。

00年代初期のマーベル映画を支えたキャラクター同士の共演にファンの妄想も膨らむばかりだ。このほかにもどのようなキャラクターが共演するのかも注目すべきだろう。

ただあまりに妄想がそのまま実現するような情報でもあるため、まだ懐疑的な部分もある。このあたりは頭の片隅においておいたほうが良いところだろう。
脚本についても現在執筆中であるため、今後変更されることは大いに有り得る

それでもファンの妄想が実現したともいえる『ノー・ウェイ・ホーム』でのスパイダーマンやヴィランの集合の前例を考えれば、どんな可能性もありえないとは言えないだろう。

今後2つのアベンジャーズ映画の情報について注目をしておこう。
『アベンジャーズ/ザ・カーン・ダイナスティ』は2025年5月2日、『アベンジャーズ/シークレット・ウォーズ』は2026年5月1日に全米公開予定だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。