『X-MEN』プロデューサー、MCUとのクロスオーバーに意欲!実現はいつなのか?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

2017年12月、ディズニー社による20世紀FOX買収のニュースが飛び込んできました。悲喜こもごもでもあったこのニュースを受けた映画ファンの中で、マーベルファンは新たな期待に胸を躍らすこととなりました。

それがマーベル・スタジオが製作する『アベンジャーズ』をはじめとしたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)と、20世紀FOXが映画化権を所有する人気シリーズ『X-MEN』とのクロスオーバーです。

もともとどちらもマーベルのキャラクターで、コミックでは幾度となく共演をしています。
それが実写映画で見れるとなると、その興奮は格別。期待が膨らむのも無理はありません。

そんな中、『X-MEN』シリーズで1作目からプロデューサーとしてかかわってきたローレン・シュラー・ドナー氏が、MCUとのクロスオーバーについてインタビューに答えました。

『そんなこと当たり前でしょ?』

もちろん、当たり前でしょ?

映画批評サイト「ロッテントマト」に掲載されているインタビューで、ローレン氏は当然のごとくその質問に答えました。

『私にとって、ボブ・アイガー(ディスニー社CEO)はこの国で最も賢い男性の一人です。アラン・ホルン(ディズニー社会長)は私の古い友人。そしてケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ社長)は私のインターンでアシスタントだった。最初の「X-MEN」のアソシエイトプロデューサーで、一緒に作品を作ったわ。もしケヴィンと働くことができるなら、私は幸せだわ。

そうそうたる名前を上げながら、自身との関係を答えたローレン氏。どうやら仲が悪いということもなく、むしろ尊敬や仕事仲間としての意識の方が強いようです。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ氏もMCUシリーズにX-MENが参戦することを熱望していることも伝えられています。
両者がクロスオーバーを望む限り、アベンジャーズとミュータントたちが実写映画で並び経つのも時間の問題でしょう。

しかしディズニー社による20世紀FOXの買収の手続きが完全に終了するには1年以上かかるとみられ、その手続きが完了し次第の映画製作となりそうです。
ローレン氏も『18ヵ月もありますし、どうなるのでしょうかね』と若干のぼかしを入れていました。すんなりと買収の手続きが進んでくれればよいのですが。

マーベルファンにとってはもう少しの辛抱ですね。

2018年『X-MEN』シリーズは、『ニューミュータンツ』『デッドプール2』『X-MEN:ダークフェニックス』の公開が控えています。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

小ネタはツイートでお知らせ中!