S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド レビュー

      2016/05/26

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。


S.H.フィギュアーツ ボウケンレッドのレビューです。


S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

BODY

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド
S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッドのレビューです。
まずは全身。素体はいつもの戦隊素体。やっぱりちょっと頼りない感じ。しかも今回は不具合で右肩の関節がゆるく、勝手に垂れさがってくるため、余計に頼りなく見えます。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

胸のボウケンジャーのマークはしっかり再現。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

バストアップ。マスクは良く似ていますね。頭のライトもしっかち再現されています。

ACCESSORIES

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

付属品の手首です。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

アクセルラーは2種類付属します。本当に小さいですが細かく造形されていますね。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

腰の後ろに収納されてアクセルラーも別に付属します。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

サバイバスター。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

こちらはサバイブレード。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

収納用のサバイバスターも付属します。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

ボウケンボー。長くて良い感じ。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

先端部はもちろん開閉します。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

ボウケンジャベリンも付属しています。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

こちらはアキバレンジャーに登場したボウケンスコップです。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

アキバブルーの手首も同時に付属します。

MOVING PART

可動。
S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

腕や首は良く動きます。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

腰は良くまわります。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

脚も良く動きます。

ACTION

ここからポージングを。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

「熱き冒険者」の異名を持つボウケンジャーのチーフ。
「不滅の牙」と呼ばれる程の凄腕のトレジャーハンターだったが、ボウケンジャーの結成に伴いトレジャーハンターを引退している。ミッション開始時に指を鳴らして「アタック」、メンバーが手柄を立てた時は「グッジョブ」と言う。
冒険を愛する心を大切にしており、ことある毎に「冒険(「ちょっとした冒険だな」)」という言葉を口にする。かつてハンター仲間の柾木紫郎とキョウコを失った経験から仲間を人一倍大切にしており、時には熱く仲間を叱咤激励するのもその表れ。大きなピンチにも動じず冷静に対処する大人の落ち着きを見せる反面、時折子供のように無邪気な様子を見せたり、さくらが自分に恋心を抱いていることに全く気付かないという鈍感な面もある。
Last Task(最終回)で正式にチーフの座を真墨に譲り、宇宙用に改修したゴーゴーボイジャーでさくらとともに宇宙へプレシャス探索に旅立った。
次作『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のVシネマ『獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー』では、さくらから「暁さん」と呼ばれるようになっている。エンディング映像では漢堂ジャン(ゲキレッド)と意気投合していた。
2011年公開の劇場作品『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』および『海賊戦隊ゴーカイジャー』本編第21話にもゲスト出演。
名前の由来は、陸軍軍人「明石元二郎」と赤を連想させる「暁」から。(wiki引用)

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

「熱き冒険者!ボウケンレッド!!」

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

ボウケンレッドも武器が多彩ですねー。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

ボウケンボー、ボウケンジャベリンも良く出来ています。

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

S.H.フィギュアーツ ボウケンレッド

以上、S.H.フィギュアーツ ボウケンレッドのレビューでした。

ボウケンレッド自体は本当に良く出来てたのですが、今回は右肩関節の不具合に全て持っていかれましたねー。またボウケンボーとボウケンジャベリンの持ち手も持たせ辛いので、ポロリが多かったです。
今回はいろいろ不満の残るフィギャアでしたねー。

ゆとぴ


オススメ記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です