S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

      2015/07/24

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。


S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォームのレビューです。


S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

BODY:全身

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト シャイニングフォームのレビューです。
まずは全身。素体はバーニングとも違って、新規造形。バーニングに比べ少し細身なスタイルになっています。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

バストアップ。顔に関してはバーニングと変わらないです。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

胸の独自な模様もきれいに再現。真ん中にはクリアパーツが使われています。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

ベルト。こちらもバーニングと同じですね。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

アギト グランドフォームと比較。さすがにクオリティーの差が目立ちますね。背もシャイニングのほうが上。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

バーニングと。バーニングのほうが筋肉質ぬ造形されているので、シャイニングよりスタイリッシュに見えますね。太ももや腕の太さも結構違います。

ACCESSORIES:付属品

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

付属品の手首です。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

シャイニングカリバー・ツインモード。こちらも細かく造形され、刃も鋭くなっています。こちらはもちろん2つ付属。

MOVING PART:可動

可動。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

首や腕はよく動かせます。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

腰は少し硬めですねー。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

脚は広く開くのですが、足首は左右に動かしにくいです。

ACTION:アクション

ここからポージングを。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

バーニングフォームが太陽の光を浴び、外皮が割れて誕生するアギトの最強形態。基本カラーは赤・銀色。胸部・腕部以外はバーニングフォームと同型である。パワー・防御力はバーニングフォームに劣るが、それ以外の能力は全フォーム中最強を誇り、アギトの全形態・他のライダーを圧倒する戦闘能力を発揮し、グランドフォーム以上のスピーディーな格闘戦、バーニングフォームと同様にシャイニングカリバーを使用する近接格闘戦を得意とする。通常はバーニングフォームの状態で太陽の光を浴びる必要があるが、最終話のみ特別な変身ポーズによって直接変身している。劇場版では地底部の崩壊によって漏れたわずかな光で変身した。(wiki引用)

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

とうとうアギトの全フォームが揃いました。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

一体何年かかったことか。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

バーニングフォームに続いてシャイニングもクオリティー高いです。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

ディケイド・コンプリートフォームと。
アギト!カメンライド・シャイニング
ファイナルアタックライド!アアアアギト!

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

劇中ではシャイニングカリバーがぺらぺらだった気がします・・・

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

そういえばアギトのシャイニングを召喚した時はブラック、RX回でしたね。なので、ちょろっと出してみる。

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

以上、S.H.Figuarts 仮面ライダーアギト シャイニングフォームのレビューでした。

バーニングフォームに続き、非常に良いクオリティーでした。シャイニング用にも新たな造形の素体が作られていたので、大体は満足できました。しかし、足首の可動の狭さはここ最近のフィギュアーツにしては狭すぎるのではないかと思います。そこは頑張ってもらいたかったですね。
そのほかは最終フォームにふさわしい出来だったと思います。

ゆとぴ


オススメ記事

関連記事


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です