ザック・スナイダー監督、バットウーマンの登場も計画していた ー ロイスの妊娠も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

米国などで配信が開始されている『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』。真の結末を描いた本作は、もともと計画されたいた続編についても大きな話題を呼んでいる。

作られる可能性は低い続編ではあるが、そんな次の内容についてザック・スナイダー監督がコメントをした。

バットガールが空白期間を埋める?

海外メディアのインタビューに答えたザック・スナイダー監督は、本来製作される予定となっていた『ジャスティスリーグ』の続編にて、バットガールことバーバラ・ゴードンも登場させることを構想していたと話した。

Zack Snyder Answers Every Question You Have About His Justice League Cut

『私はいつもバーバラ・ゴードンが映画に登場することを望んでいました。彼女がより大きな役割を果たし始めるでしょう。私の考えではバットマンことブルース・ウェインが自分自身を犠牲にした後、パワーの無いスーパーマンとロイスの子供が成長するまでの間でバーバラが空白期間を目ることができると思っていました。』

スナイダー監督は以前のインタビューのなかで、『ジャスティスリーグ3』にてクラーク・ケント/スーパーマンとロイスの間に生まれた息子のブルースに2代目バットマンを継がせるというストーリーを構想しており、20歳になった彼をバットケイブに連れていくというものを考えていたという。

そんなブルース・ケントが成長するまでの空白期間、ゴッサムを守る騎士としてゴードン刑事の娘であるバーバラ・ゴードンをバットガールとして活躍させる予定だったとのことだ。

ちなみに当時は『バットガール』自身の映画も計画されており、ジョス・ウェドン監督がメガホンをとる予定となっていた。もしかすると空白期間で活躍していた彼女のことを描く予定だったのかもしれない。

また映画のなかでもロイスがどこかのタイミングで妊娠するといったことも確実に入れ込もうとしていたとのことだ。

今のところ続編の製作は検討されていない『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』。日本では初夏に配信&Blu-rayの発売が決定している。

関連記事を読む

コメントをする