DCコミックス、新たに『ワンダーツインズ』を実写化 ー 『ブラックアダム』脚本家が就任

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

海外メディアのハリウッド・レポーターは、ワーナー・ブラザースが新たにDCコミックスを原作とした実写作品『ワンダーツインズ』が制作されることを報じている。
脚本兼監督にはドウェイン・ジョンソン主演の『ブラックアダム』の脚本を務めたアダム・スティキエル氏が就任するとのことだ。

キャストなどの情報はわかっていないが、今作はHBO Maxでの配信作品になるとのこと。『バットガール』のような単発作品なのか、ドラマシリーズなのかもまだまだわかってはいない。

『ワンダーツインズ』は宇宙から着たエクソール人の双子で、兄のザンと妹のジェンナのティーンエイジャーヒーロー。
ザンは水に変身することができ、ジェンナは実在・架空問わずの動物に変身することができるシェイプシフター。父親はスーパーマンと知り合いとのこと。

実写化されるワンダーツインズがどのユニバースに属する作品なのかはわかっていないが、現在制作されており、HBO Maxで配信予定の『バットガール』や『ブラックキャナリー』などがDCEUシリーズ作品であることを考えると、今作もDCEU世界での出来事になる可能性も高いだろう。

HBO Maxではこの他にも『ザ・バットマン』のスピンオフとしてゴッサム市警のドラマシリーズや、コリン・ファレル演じるペンギンのドラマシリーズも制作されることが決まっている。

今後『ワンダーツインズ』に関する新たな情報が入り次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。