DC映画『ワンダーツインズ』制作中止に ー 主演が決定も断念

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCコミックスを原作とした映画として制作が予定サれていた『ワンダーツインズ』が制作中止になったことが海外メディアのハッシュタグショーから伝えられている。

理由としてはワーナー・ブラザースとディスカバリーの合併によるものだとされており、その際の計画の見直しによって制作が断念されたのだと伝えられている。映画に参加予定だったキャストとスタッフは今週にその知らせを聞かされたということだ。

主人公のザン役にはKJ・アパ、ジェイナ役にはイザベル・メイが出演することが決まっており、夏にアトランタで撮影を開始する予定だった。キャスト決定のニュースもつい2週間前に知らされたものであり、まさに制作から一転しての出来事だったと言えるだろう。

『ブラックアダム』の脚本家であるアダム・スティキエル氏が脚本と監督を務める予定だった。

DCコミックスを原作とした映画やドラマは引き続き様々なプロジェクトが同時進行しているが、『ワンダーツインズ』のように惜しくも制作中止になる作品も出てきている。最近ではドラマ『レジェンド・オブ・トゥモロー』や『バットウーマン』の2作品も制作終了することがアナウンスされた。

ワーナー内部ではDCのキャラクターを使った作品に関して大幅な調整が行われているようで、これらを指揮するプロデューサーのような人物も検討しているとされている。
今後新たな情報が入り次第お知らせをしていく。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。