ウィル・スミス、デッドショット役復帰に可能性 ー 「カッコいいから戻ってこれる」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ジェームズ・ガン監督が製作したDCEU映画『ザ・スーサイド・スクワッド』は、2016年のデヴィッド・エアー監督『スーサイド・スクワッド』の続編ではあるが、明確な繋がりはほとんど示されていない作品ではあった。

一方で製作当初はデッドショットを演じたウィル・スミスのキャスティングを予定していたとされているが、結局は叶うことは無かった。

このことについてウィル・スミス本人がコメントをしてくれた。

『それはタイミングの問題です。彼らはデッドショットを除外しましたよね?(中略)大丈夫、彼はカッコいいから戻ってくることができます。』

『ザ・スーサイド・スクワッド』の立ち上げ時はイドリス・エルバが、スケジュールの都合で出演が叶わなかったウィル・スミスの代わりにデッドショットを演じるといわれていたのだが、それは事実ではなく新キャラのブラッドスポートを演じることになった。

この代役という噂自体もどこまで事実だったのかはわからないが、少なくともウィル・スミスのキャスティング自体は計画されていたそうだ。

今のところ『ザ・スーサイド・スクワッド』の続編があるかはわからないが、ジェームズ・ガン監督自身は現在別のDC作品の製作に向けての話し合いを行っていることを明かしており、そこに今作の更なる新作が用意される可能性も十分にあり得るだろう。

果たして再びウィル・スミスのデッドショットを観ることができるのだろうか?今後の情報には注目をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする