『アベンジャーズ/エンドゲーム』になぜアダム・ウォーロックは登場しなかった? ー 脚本家『コミックと同じにはしたくない』

      2019/08/05

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

マーベルスタジオ最大のヒット作である『アベンジャーズ/エンドゲーム』は公開前から様々な憶測が飛び交っていました。コミック通りにいくとは限らないマーベル映画でしたが、実際の作品はファンが思う以上のストーリーで多くの涙を誘う結果となりました。

しかし当初から登場が噂されていたあるキャラクターがいました。それがアダム・ウォーロック。MCU作品では一度も現れていませんが、コミックではサノスを倒す切り札的な存在でもありました。そんな彼がなぜ現れなかったのかを『エンドゲーム』脚本家が解説をしています。

『彼を紹介する余裕がなかった』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の脚本家であるクリストファー・マルクス氏スティーヴン・マクフィーリー氏は、海外メディアのインタビューの中で、ファンによって登場が噂されていたアダム・ウォーロックがなぜ本編で現れなかったのかの理由を説明しています。

Why Adam Warlock Was Never Considered for Avengers: Endgame

『「エンドゲーム」ではすべにMCUに存在していたキャラ、すでにお気に入りのキャラを尊重することが根本にあります。私たちは全く新しいキャラクターを紹介するためのストーリースペースを与えたくはありませんでした。それをするとほかのキャラの時間を奪うことになる。』

マクフィーリー氏はこのように語っており、3時間に及ぶ本作のストーリーに余分なものを入れるつもりはなかったことを明かしています。

昨年にインタビューに答えた『エンドゲーム』と『インフィニティウォー』の監督の1人であるジョー・ルッソ氏は、コミック『インフィニティガントレット』と『インフィニティウォー』の内容を映画ではあまり反映させなかった理由もコメントしています。

私は何百回も読んだコミックを文字通りの解釈をした映画を見たくはありませんでした。

脚本家、監督ともにコミックとは異なるストーリーを描くことを念頭に置いて映画を製作していたことは明らかですね。また2作合わせて5時間半にも及ぶ大作ではありますが、そのストーリーの忙しさでは新しいキャラクターを登場させるのはファンにとっても困惑させる元にも成り得たことでしょう。

こういった理由ならばアダム・ウォーロックを登場させなかった理由としては腑に落ちますね。
ちなみにMCUでは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のポストクレジットシーンの中で、アダム・ウォーロックと思しきキャラの存在を示唆するシーンがありましたが、その真意はいまだにわかってはいません。

果たして今後アダムのMCU登場はあり得るのでしょうか?今後の情報に注目です。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』のDVD/Blu-rayは2019年9月4日に発売予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


 comment
  1. ゆとぴ ゆとぴ より:

    追記コメント:
    誤字の指摘がありましたので、修正しました。
    『状』⇒『ジオウ』

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!