『WHAT IF…?』スティーブ・ロジャースのアイアンスーツの原動力はストーン? ー プロデューサーが言及

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUとしては初のアニメシリーズとなる『WHAT IF…?』では、まるでファンが妄想したかのようなもしもの世界が描かれていくことが予告編などからもわかっている。
ペギー・カーターが超人兵士のキャプテンブリテンになる世界では、スティーブ・ロジャースがハワード・スターク製のアイアンマンスーツを身にまとうことが明かされているが、その原動力になるものがプロデューサーのコメントから明らかになった。

スーツのエンジンは四次元キューブ

『WHAT IF…?』のプロデューサーであるブラッド・ウィンダーバウム氏によれば、今作に登場するハワード・スターク製のスーツはスペースストーンの入った四次元キューブの力を使って動いていることが明かされた。

WHAT IF? Producer Teases Plans For Tesseract-Powered Iron Man Suit In Captain Britain Episode

『もしスティーブ・ロジャースが痩せていても、彼はまだ物語の一部だったしょう。彼とペギーは恋に落ちていたと思います。おそらくハワード・スタークが彼らにアイアンマンのスーツを作り、四次元キューブがそのスーツを動かすものだったら?それはクールじゃないですか?』

おそらくペギーがキャプテンブリテンになる世界は1940年代が舞台であり、映画に照らし合わせればトニー・スタークも生まれていなければアイアンマンスーツの原動力となっているアークリアクターも開発されてはいない

そのためトニーの父であるハワードが四次元キューブを使ってスーツを作り出すというアイディアはいかにも理にかなっているように感じる。そうでなければ当時の技術であのようなパワードスーツを作ることは不可能に近いだろう。

いまのところスティーブがスーツを着た姿にヒーローネームがあるのかはわからないが、デザインはアイアンマン マーク1のリファインのような見た目で、キャプテンアメリカのように星のマークがあることも特徴だ。

『WHAT IF…?』の物語と実写映画との間にどのような違いがあるのかも確認しながら鑑賞してみるのも面白いかもしれないだろう。
今作はDisney+ (ディズニープラス)で2021年夏に配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする