ワスプ役女優、『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』に登場するヴィランを示唆? ー インスタに謎のハッシュタグ

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』のネタバレが含まれている可能性があります。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズとして3作目が公開を予定している映画『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』はもう間もなく撮影が始まるようで、その準備やコメントを俳優陣などがSNS等で発信している。

最近、脚本を読み終わったとインスタグラムに投稿したホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ役のエヴァンジェリー・リリーは、その投稿に今作に登場すると思しきヴィランの存在を示唆している。

※この記事には『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』のネタバレが含まれている可能性があります。苦手な方はご注意ください。

イエロージャケットが戻ってくる?

エヴァンジェリー・リリーはインスタグラムに脚本の表紙の写真とともにストーリーを絶賛する内容を投稿。そこには1作目『アントマン』でヴィランのイエロージャケットを演じたコリー・ストールの名前をハッシュタグに含めていた。

Shocking Marvel Villain’s Return Teased by Ant-Man 3 Star

すでに投稿が削除されているところ見るにより一層怪しく感じる。

エヴァンジェリー・リリーが今更になって1作目に出演したコリー・ストールの名前をハッシュタグにするのは明らかに不自然であり、ほかに並んでいる名前も主演のポール・ラッドやマイケルダグラス、ミシェル・ファイファーなどのメインキャストのみであるところを見ると、彼が『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』に出演している可能性が高いと考えるのが普通だろう。

イエロージャケットは1作目のラストにて原子以下にまで縮小し続け、量子世界を送り込まれて死亡したと思われていた
一方でその続編や『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観ると量子世界に送り込まれることは必ずしも死をイメージするものではないことは、ここまで追ってきたMCUオタクなら承知のことでしょう。

3作目が再び量子世界を扱いながら、並行世界を支配しようとする征服者カーンの登場が明らかになっているため、そこにイエロージャケットが絡んできても辻褄は合うはずだ。

非常に気になる情報ではあるが、アントマンとワスプの物語の完結編として再び1作目のヴィランが登場してくるのは熱い展開に間違いないだろう。果たして『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』はどのような作品になっていくのだろうか?今後の情報に注目だ。

映画は2023年2月17日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする