『ヴェノム』はMCUシリーズとは別世界と公式に発表。やはりスパイダーマンはいないのか?

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

2018年11月に日本での公開も決まったソニー・ピクチャーズによるスパイダーマンスピンオフ作品『ヴェノム』
予告編も公開され、アメリカのメディア雑誌Entertainment Weekly誌では、ヴェノムの顔がドアップになったスチル写真も公開。ファンの映画への期待がどんどん高まってます。

そんな中、やはり気になるのが『ヴェノム』と、マーベル・スタジオが展開するMCUシリーズの『スパイダーマン:ホームカミング』との関係。
残念なことに、公式からこの2作品は全くの別世界であることが発表されました。

トム・ホランド出演の噂もあったが・・・

ヴェノムのスチル写真を公開していたEntertainment Weekly誌は、記事の中の作品紹介の中で、『ヴェノム』がMCUの『スパイダーマン:ホームカミング』とは別の世界作品であることを記述しています。

Venom: How Tom Hardy transformed himself into a sharp-toothed, slobbering symbiote

『「ヴェノム」はスパイダーマンのコミックのキャラクターをベースとしてソニー・ピクチャーズの初めての作品で、昨年公開した「スパイダーマン:ホームカミング」とは別世界の作品です。(また、ソニーとディズニーはトム・ホランド版スパイダーマンがいるMCUシリーズの一部として扱っていません)』

記事ではこのようにきっぱりと『ヴェノム』がMCUシリーズと関係がないことを断言していました。
EW誌はアメリカでは有名な情報雑誌なので、今回の件はほぼ公式見解とみても間違いないでしょう。

ファンとしては非常に残念なお知らせですね。
これは、スパイダーマンやそれに付随するキャラクターの映画化の権利を、ディズニーやマーベル・スタジオではなくソニー・ピクチャーズが所有していることが起因した大人の事情なのです。

しかし希望は捨てきれません。
以前から『ヴェノム』にはトム・ホランドがスパイダーマン役ではなく、あくまでピーター・パーカー役で撮影に参加したとの噂もささやかれていました。

結局のところ真偽はいまだに不明ですが、もし本当ならばそう言ったファンサービスにも大いに期待を寄せていきたいところですね。

強いてい言えば、やはりスパイダーマンVSヴェノムの戦いを『スパイダーマン3』以来の新たな映像で見たいのが本音です。
果たして再び2大人気キャラクターが同時見れる日が訪れるのでしょうか?注目していきましょう。

『ヴェノム』は2018年11月2日より日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!