実写映画7作目『トランスフォーマー/ビースト覚醒』が正式タイトルに! ー 『ビーストウォーズ』実写化か

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

通算で7度目の実写映画となる『トランスフォーマー』シリーズ最新作の正式タイトルが、『トランスフォーマー/ビースト覚醒(原題:Transformers:Rise of The Beats)』になることが判明した!

ツイートでは正義のトランスフォーマーであるオートボットと、悪のトランスフォーマーであるディセプティコンとおなじみの陣営に加えて、『ビーストウォーズ』に登場するビースト戦士たちの所属を示すマクシマルズとプレダコンズの名前も予告されている。またテラーコンの登場も示唆されている。

世代のファンはご存知だろうが、マクシマルズは日本語版『ビーストウォーズ』で言うところのサイバトロン、プレダコンズはデストロンを示している。

おそらくは公式に『ビーストウォーズ』の戦士たちが実写映画デビューすることが明らかになったことになるだろう。

海外メディアによれば映画自体は2018年公開『バンブルビー』に続く作品となり、マイケル・ベイ監督の5作品とは無関係とのこと。
オプティマスプライムが再び主人公となり、デザインもさらにアニメに近いビジュアルになるとのことだ。もちろんバンブルビーも引き続き登場予定。
女性戦士にはオートボットのアーシーとミラージュ、ディセプティコンにはナイトバードも現れると伝えられている。

ビースト戦士側にはマクシマルズのリーダーで、ゴリラに変身するオプティマスプライマル(日本語名コンボイ)と、サイに変身するライノックス、ハヤブサに変身するエアラザーの名前が挙がっている。このほかのマクシマルズの戦士やプレダコンズの戦士はわかっていない。

主要なヴィランとしてはスカージが登場し、人間側にはアンソニー・ラモスとドミニク・フィッシュバックの2人が主演を果たす。

一気に情報が解禁され、特定の世代には突き刺さる新たな『ビーストウォーズ』が始まる、『トランスフォーマー/ビースト覚醒』は2022年6月24日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする