『ザ・スーサイド・スクワッド』、DC FanDomeで映像が初解禁へ - ジェームズ・ガン監督が示唆

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

8月に開催予定のDCコミックスファン必見のオンラインイベント『DC FanDome』。
24時間・全世界規模で行われる最大級のイベントとしても注目を集めている。

イベントではDC映画最新作の情報も解禁されることが予想されており、中でもジェームズ・ガン監督の『ザ・スーサイド・スクワッド』の最新情報にも期待が寄せられている。

そんななかでガン監督自身がイベントへの期待感を明かしてくれた。

R指定になるかもイベントで明かされる

ジェームズ・ガン監督は自身のツイッターで『ザ・スーサイド・スクワッド』に関する情報がDC FanDomeで明らかになることを投稿した。

『#ザ・スーサイド・スクワッドは100%、干渉もゼロで無制限で確認することができます。私は皆さんがDC FanDomeで映画の様子を垣間見ることができるのを待つことができない!私はそれがどれほどエキサイティングになっているのかもしっています』

投稿から推測するに、イベント内で『ザ・スーサイド・スクワッド』の映像が解禁されるのではないかと考えられる。それが予告編かティザー動画なのかはわからないが、事実ならば初めての映像解禁になるため注目されるのは必至だ。

またガン監督は今作がR指定になるかどうかについてもイベント内で明らかになることを示唆している。

『ザ・スーサイド・スクワッド』はすでに撮影を完了しており、現在は編集作業が行われている真っただ中と見られる。新型コロナウイルスの影響は受けておらず、今のところ公開日の変更もないとのことだ。

今作にはマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインが再登場する予定で、そのほかにも1作目から引き続き登場するキャラが複数存在する。
”ソフトリブート”になるともいわれているが、具体的にどのようなストーリーになるかはわかっていない。

『ザ・スーサイド・スクワッド』は2020年8月6日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする