『ザ・マーベルズ』にジュード・ロウが再出演の報道 ー 撮影もすでに進行中

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズ新作として製作が進む『ザ・マーベルズ』。今作は『キャプテン・マーベル』の続編となっており、主演のブリー・ラーソンは続投し、『ワンダヴィジョン』で大人のモニカ・ランボーを演じたテヨナ・パリスや、『Ms.マーベル』のイマン・ヴェラーニも同役で出演することがわかっている。

ヴィランについては明かされていないのだが、海外から入ってきた情報によれば前作のヴィランがリターンする可能性があることが報じられている。

Connecting Imaginary Dots: Jude Law and Shamier Anderson to join ‘The Marvels’

海外メディアの情報によれば、『ザ・マーベルズ』に俳優のジュード・ロウが前作に続いて再出演することを伝えている。
もちろん演じるのはヨン・ロッグ役だと思われ、再びキャプテンマーベルのヴィランとして立ちはだかることが予想される。

前作ではキャプテンマーベルに倒されたあとに飛行船に乗せられ、強制送還を食らっていたヨン・ロッグではあるが、やはりそのまま生き延びていたようだ。

もちろん悪のスクラル星人が登場するとなればスクラル星人が擬態したヨン・ロッグ役ということも考えられるため、実際に映画を観るまで答えはでることはなさそうだ。

ちなみに『ザ・マーベルズ』の撮影はすでに始まっているようで、主演のブリー・ラーソンがSNSにて共有している。

『巨大なセットにはたくさんの数の人たちがいます。みんなスペシャリストです。私はディズニーランドのファンなので毎日自分だけのプライベートディズニーランドに行っている気分になります。』

今作は『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後のストーリーになると思われ、現代で活躍するキャプテンマーベルたちの姿を楽しむことができる。
『ザ・マーベルズ』は2022年11月11日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする