『ザ・フラッシュ』最新予告が公開 ー マルチバース世界を舞台に世界を改変

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCEUシリーズの最新作ととして公開を控えている映画『ザ・フラッシュ』
ファンからの期待も高い本作の新たな予告編が解禁された。さらには日本版と本国版ではテイストや使用されている映像も異なるため、その点にも注目をしておこう。

映像ではかつて母親を失った過去を改変しようと時間を遡るバリー・アレン/フラッシュの姿が描かれ、さらには別の時間軸のバリーとも対面するシーンが確認できる。

予告ではバットマンのスーツをベースにしたもうひとりのバリーの姿も登場し、スーパーガールとともにバットウイングから降り立つ3人のヒーローたちにも注目だ。

またマイケル・キートン演じるブルース・ウェイン/バットマンの素顔も登場し、かつての映画を彷彿とさせるようなバットマンのアクションにも注目しておこう。

一部では日本版予告編のナレーションが福山潤氏だと言われており、彼はドラマ版『ザ・フラッシュ』でグラント・ガスティン演じるバリー・アレン/フラッシュを担当していた。

『ザ・フラッシュ』はDCEU世界を改変する出来事を描き、その後はDCUシリーズへと繋がっていくことが公式にも明らかになっている。
果たしてバリー・アレンの運命はどうなってしまうのだろうか?

映画は2023年6月16日に日本公開予定だ。

関連記事を読む

  • 【広告】

  • 【広告】