『ザ・バットマン』撮影現場より新スーツのバットマンが目撃!バイクに乗る姿も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マット・リーブス監督/脚本、そしてロバート・パティンソン主演で現在撮影が進められているDC映画『ザ・バットマン』
その撮影現場からついに新しいバットマンスーツの写真が目撃されました!

バイクに乗り、ゴーグルが付いたバットスーツ

海外のファンは『ザ・バットマン』の撮影現場から新しいバットマンのスーツの写真を投稿。そこにはバイクに乗るバットマンの姿が複数写し出されています。

撮影されているのはスコットランドのグラスゴー・ネクロポリス共同墓地
実際に撮影でバットマンのスーツを着ているのは主演のロバート・パティンソンではなくスタントマンとのこと。

スーツはベン・アフレック版バットマンよりも武装されており、『ダークナイト』版バットマンのスーツにも近い雰囲気がありますね。また肩回りや腕のアーマーを見ると、どことなく侍の鎧のようにも見えます。忍者の修行をしたバットマンの設定を意識してのデザインなのでしょうか?

久々に映画に登場するバットマンのバイクは、カウル部分のデザインがマスクに似たとがった耳が特徴ですね。大きなタイヤもあり、モンスターバイクのような風貌があります。

このバイクに乗った撮影の動画もツイッター上で投稿されており、軽くアクシデントが起こっているのも話題を呼んでいます。

動画の最後でスリップして転ぶバットマンがシュールすぎます。おそらく雨によって濡れた地面で滑ってしまったのでしょう。ちなみにスタントマンにケガはなかったとのことです。

先日には公式にロバート・パティンソンがバットマンスーツを着たカメラテストの動画が公開されていました。おそらく今回のように撮影現場が目撃されることを予見して公式が先手を打ったのでしょう。

また撮影現場に一緒に写るヘルメットをした女性がキャットウーマンなのではないかとも推測されていますが、真相はいかに。

『ザ・バットマン』はロバート・パティンソン演じるブルース・ウェイン/バットマンのほかに、ポール・ダノ演じるリドラー、コリン・ファレル演じるペンギン、ゾーイ・クラヴィッツ演じるキャットウーマンなどのヴィランも複数登場します。またジェームズ・ゴードン刑事役にはジェフェリー・ライトが出演することがわかっています。
そのほかにもまだ明かされていないキャスティングあるとみられ、ウェイン邸の執事アルフレッド役にはアンディ・サーキスが演じるとも噂されています。

今作は2021年6月25日に全米公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です