『キングスマン』タロン・エガートンが新作舞台のステージで倒れる

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

『キングスマン』エグジー役や、『ロケットマン』エルトン・ジョン役で知られるタロン・エガートンが、ロンドンで開かれた新作舞台『コック』の最中に倒れ、騒然となった。

海外の記事によると、タロン・エガートンはロンドン、アンバサダー・シアターで行われた新作舞台『コック』のステージ上で倒れ、客席にいた医師に助けられたという。約40分後、代役をによって舞台は続行された。

監督であるマリアンヌ・エリオット氏はステージに上がり、エガートンが「絶対に大丈夫」であることを観客に保証した。
エガートンもInstagramを更新し、自分の無事を伝えた。

『ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、昨晩の『コック』の初回公演中に気を失ってしまいました。私はこのことをポジティブに捉えることにしました。昨夜劇場にいた人は、私がとても献身的で衝撃的な演技をしたので、私の体がそれに耐えられずチェックアウトしたと言ってくれればありがたいです。とはいえ、どうやらショーの4分の3だけでなく、全編をこなさなければならないようです。だから、私は明日の夜、リベンジに戻ってくるつもりです。劇場の素晴らしいチームと、素敵なキャスト仲間に感謝します。』

明日の舞台から復帰するようだ。

タロン・エガートンはイングランド出身の32歳。代表作の一つである『キングスマン』シリーズは『キングスマン3』の公開が期待されている。先日行われた『キングスマン』のインタビューで、マシュー・ヴォーン監督は、『キングスマン:ファースト・エージェント』が来るべき3部作のお膳立てに役立つと伝えている。『キングスマン:ファースト・エージェント』は現在Disney+ (ディズニープラス)にて配信中。

『キングスマン3』は2022年9月から撮影予定、再び元気に活躍するエガートンに期待したい。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。