タイカ・ワイティティ監督、ナタリー・ポートマンがスターウォーズに出演していることを忘れていた

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」にて『オビ=ワン・ケノービ』が配信中、その他『アソーカ』『キャシアン・アンドー』など様々なシリーズが展開予定であるスター・ウォーズシリーズ。新作映画の監督を務める『ソー:ラブ&サンダー』タイカ・ワイティティ監督がナタリー・ポートマンに、『スター・ウォーズに参加したいと思ったことはある?』と、とんでもない質問をしてしまったという。

海外の記事によると、タイカ・ワイティティ監督がインタビューに答え、『ソー:ラブ&サンダー』撮影中のナタリー・ポートマンとの会話で、とんでもない質問をしてしまったと答えた。

『ナタリーは私に「次は何をしますか」と言いました。私は「次はスターウォーズのことに取り組もうとしています。スターウォーズの映画に出演したいと思ったことはありますか?」と彼女に聞きました。すると彼女は「私はスターウォーズの映画に出演しています」と答えました。私はその事を忘れていたのです。」

ナタリー・ポートマンは『エピソード1』~『エピソード3』にて、ヒロインのパドメを演じている。そのナタリーに向かって、出演したいか?と質問してしまったようだ。

タイカ・ワイティティ監督のスターウォーズ映画は2023年のリリースを新しい目標としている。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。