クリス・プラット主演のアニメ映画『スーパーマリオ』3/4の撮影が終了-監督はクリプラの演技を絶賛

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ジュラシック・ワールド』シリーズのクリス・プラットを主演に迎え制作されている大人気ゲーム『スーパーマリオ・ブラザーズ』のハリウッド版アニメ映画。その撮影の3/4が終了したと監督が語り、クリス・プラットの演技を絶賛した。

海外の記事によると、監督がインタビューに答え、作品の大方の完成を報告、またクリス・プラットを起用した理由と、実際に行われた演技について語った。

「クリスは、マリオを見事に演じられると思ったから起用したんだ。そして今、約15回のレコーディングを終え、映画も4分の3が完成し、私はここに座って、彼のマリオの演技が大好きだと言っています」

クリス・プラットの配役については、発表時に反感の声も多かった。その理由は、『スーパーマリオ64』からゲームのマリオの声を担当し続けているチャールズ・マーティネーへの期待が高かったからだ。彼はマリオを長年演じ続けギネス記録にも登録されているマリオの立役者。ファンはアニメ映画の製作を聞いて、まず彼のマリオだと思っていたのだろう。今回の監督の発言はクリス・プラット版マリオも期待してくれという意味が込められているのかもしれない。

『スーパーマリオ』映画は、2023年4月28日に公開予定!

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。