『スーパーガール:ウーマン・オブ・トゥモロー』が2026年6月26日に公開へ ー 主演は『スーパーマン』にも出演

【広告】

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれています。

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCUシリーズの映画として制作を予定している『スーパーガール:ウーマン・オブ・トゥモロー』の公開日が、2026年6月26日になることが明らかになった。

ミリー・オールコックが主人公のスーパーガールを演じ、実に40年以上ぶりのスーパーガール単独映画が公開される予定だ。

メガホンをとるのは『クルエラ』などのクレイグ・ギレスピー監督、脚本はアナ・ノゲイラ氏が執筆し、公開に向けて今年の秋ごろから撮影を開始すると伝えられている。

スーパーガールは単独映画に先んじて『スーパーマン』にも登場予定となっている。おそらくミリー・オールコックもすでにスーパーガールとして撮影に参加していると推測される。
2つの映画は直接的にもつながるとのことで、新たな時代のスーパーガールがどのような活躍をしていくかも注目をしておきたいところだ。

DCUシリーズはジェームズ・ガン監督がメガホンをとる『スーパーマン』とドラマ『ピース・メイカー』シーズン2が現在撮影中、アニメ『クリーチャー・コマンドーズ』も間もなく配信に向けて準備が進んでいる。
DCUのバットマン映画である『ザ・ブレイブ&ザ・ボールド』は、『ザ・フラッシュ』のアンディ・ムスキエティ監督がメガホンを取る予定。キャスティング情報がまだ明らかにされていない。

期待のDC新作映画『スーパーガール:ウーマン・オブ・トゥモロー』は2026年6月26日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

  • 【広告】

  • 【広告】