『スーサイド・スクワッド2』、アマンダ・ウォラー、フラッグ大佐が再登場! - イドリス・エルバはデッドショット役以外との情報も

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

米国でついに公開されたDCEUシリーズ最新作『シャザム!』。海外の映画批評サイト「ロッテントマト」では90%を超える観客からの支持を集めており、好成績を残しています。

そんなDCEUシリーズの最新作として期待されている『スーサイド・スクワッド2』。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガンが脚本・監督を務める今作は、前作とのつながりを意識しない”ソフトリブート”がされることが明らかになっています。

しかし新たに判明したキャストには前作から引き続いて登場するキャラクターがリストアップされています!

アマンダ・ウォラー、フラッグ大佐が再登場!デッドショットは登場なしか?

海外メディアのThe Wrapなどの情報によると、『スーサイド・スクワッド2』には前作に登場したアマンダ・ウォラー役のヴィオラ・デイヴィスと、リック・フラッグ大佐役のジョエル・キナマンが再出演することを報じています。

Viola Davis to Return as Amanda Waller in James Gunn’s ‘The Suicide Squad’ (Exclusive)
'The Suicide Squad': Viola Davis to Return as Amanda Waller in James Gunn's Sequel

いずれのキャラクターも続編でどのような活躍をするのかはわかっていません。フラッグ大佐役のジョエル・キナマンに関しては以前の情報では登場しないことが伝えられていましたが、一転して再登場となりました。

1作目からの再登場はほかにも。マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインや、ジェイ・コートニー演じるキャプテンブーメランも再登場することが報じられています。

スケジュールの都合で出演が見送られたデッドショット役のウィル・スミスの代わりに、『マイティ・ソー』などでヘイムダルを演じたイドリス・エルバがデッドショットとして出演することも以前に報じられていましたが、こちらも新たなニュースによると別キャラクターに変更されたとのことです。

'The Suicide Squad' Removes Deadshot, Moves Idris Elba to New Role

やはり理由としてはウィル・スミスとのキャラの重複を避けるため。続編にデッドショットは登場しないですが、今後の展開を見据えたうえでの判断になったようです。

ソフトリブートとは言われているものの、前作から引き続いて登場するキャラクターも多くなってきました。ワーナーブラザースやDCEU関係者によると今作は”続編”という位置づけではなく、あくまで”リブート”となることもコメントされており、ユニバース物作品でどこまでリブートが行われていくのか注目です。

『スーサイド・スクワッド2』は2021年8月6日に全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!