『スーサイド・スクワッド』、変更前の映画はどのようなものだった? ー コメディも少なめに

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2016年にDCEUシリーズのひとつとして公開され、ハーレイ・クインという日本でも人気を博したキャラクターが登場しながらも興行的にはいまいちだったのが『スーサイド・スクワッド』

この映画は『ジャスティスリーグ』のように製作途中で大幅に変更が加えられており、それによって本来の作品からはかけ離れたものになっていると、数々の関係者やデヴィッド・エアー監督からコメントされている。

そんな中で今作のエディターであるケビン・ヒックマン氏は、元の映画がどのようなものだったかについて改めて話してくれた。

WB幹部への試写で変更へ

海外メディアのインタビューに答えたケビン・ヒックマン氏は、かつて製作に携わった『スーサイド・スクワッド』の変更の経緯を振り返ってくれた。

Suicide Squad Editor Shares The Major Changes Made To David Ayer’s Version

『映画は非常に多くのキャラクターが登場するアンサンブル映画であり、そのバックグラウンドを紹介する必要があり、最後には彼らの間に友情が生まれていました。彼ら(ワーナーブラザース)は別の方向に映画を進めていたので、ある時点でスタジオにて試写をしたのは挑戦でした。ワーナーはキャラクターの起源をわかりやすくすることを望んでいました。コメディ要素を映画に挿入しました。』

以前のインタビューの中では『ブラックホーク・ダウン』のような暗い雰囲気であり、ジャレッド・レト演じるジョーカーもより狂気的に描かれていたという。
またそれに加えて各キャラクターの起源を丁寧に描こうとしていたことも分かった。

ウィル・スミスによるコメディ演出は多少あったというが、劇場公開版ほどは多くはなかったというのも驚きだ。
コメディ要素が功を奏したかどうかは何とも言葉にしがたいが、そのおかけで今のハーレイ・クインのイメージが出来上がったという点も挙げられるだろう。

デヴィッド・エアーカット版の『スーサイド・スクワッド』が製作されるかはわからないが、2021年8月6日には新たにジェームズ・ガン監督がメガホンをとった『ザ・スーサイド・スクワッド』が公開される予定だ。そちらはガン監督も得意とするブラックなコメディ要素も多彩に盛り込まれているため、前作と比較しながらどのような作品になっていくかも注目しておくとよさそうだ。

関連記事を読む

コメントをする