『スースク』監督、”ディレクターズカット”版に自信 ー 「自分のほうが優れていた」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCEUシリーズの初期の公開され、マーゴット・ロビーが演じたハーレイ・クインを生み出した映画『スーサイド・スクワッド』

キャラクターたちのビジュアルなどには一定の評価はあったものの、作品自体の評価はあまり高いとは言えず、初期のDCEUが躓く要因の一つにもなっていた。

その理由には映画の撮影終了間際に当時のワーナー・ブラザース上層部からの大きな変更の要望によるものだとされているが、最近映画を制作したデヴィッド・エアー監督は自身のツイッターで、自分が目指していた映画のほうが優れていたとコメントをした。

”この映画は撮影終了のあとに全く新しく再設計されたという異常なケースです。いくつかのカットシーンが追加されたわけではありません。映画の性質が根本的に変わった。私はあなたの目を見て正直に言うことができる。私のカットははるかに優れている

以前からも何度かいわゆる”エアーカット”版の存在を聞かれてきた監督だが、当初は劇場公開版を支持するコメントをしていたものの、近年になってからは元々構想していた映画の方への自信をのぞかせていた。

これの要因となっているのはおそらく『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット』の存在が大きいだろう。

この作品も制作時にザック・スナイダー監督が家族の不幸により途中降板をしてしまい、そのタイミングでワーナーが明るい雰囲気の作風へとテコ入れを加えられたことで、劇場公開された『ジャスティス・リーグ』が完成していた。

しかしこの映画はザック・スナイダー監督が当初目指していたものとは大きく異なり、またカットされたシーンやキャラクターなども多数あったことが明るみになってからは、数年もの間ファンによる”真のジャスティス・リーグ”を目指す活動が展開されていた。

そして念願かなったのが前述した作品である。

結果的に『ザック・スナイダーカット』の方を支持する声は多く、監督の新作を望む声も多いのだが、現状ではそのような計画は存在しない。

『スーサイド・スクワッド』でも本来の内容には全く別の展開が用意されていたことが示唆されているため、エアー監督としても歯痒い気持ちは何年間も抱いてきたはずだ。

ワーナーは現在DCスタジオを新たに設立し、『スーサイド・スクワッド』公開当時からは大きく体制が変わっている。
果たしてファンと監督待望のエアーカット版が制作されることはあるのだろか?今後の新たな情報に期待をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。