『スター・ウォーズ』最新映画『Star Wars: Rogue Squadron』がディズニーのスケジュールから抹消

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

現在ドラマシリーズを主に展開するスター・ウォーズシリーズ。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』以降の映画となるはずだった『Star Wars: Rogue Squadron』は、ディズニーの公開スケジュールから抹消されてしまったようだ。

海外の記事によると、最新映画として公開予定だったスター・ウォーズの世界での戦闘機による空中戦に焦点を当てた『Star Wars: Rogue Squadron』2023年12月22日に劇場公開を目指していたものの、ディズニーのスケジュールから抹消され、無期限延期、もしくは完全にプロジェクトの中止の可能性が高いというのだ。
『ワンダーウーマン』パティ・ジェンキンス監督がメガホンをとり、撮影されるはずだった今作。
今年3月の段階では製作側と監督の話し合いは続いているとみられていたが、今回の報道で公開がまた遠のいてしまったことになる。

D23 EXPOにて最新情報が一切公開されなかったことに違和感を覚えたファンも多かったことだろう。

しかし、暗い話題ばかりではない。『スター・ウォーズ』シリーズの今後の公開日について、ルーカスフィルムはまだ2つのプロジェクトを予定しているという。
2025年12月29日と2027年12月17日に何かしらの劇場作品を公開予定とのこと。

映画館で見ることができる新たなスター・ウォーズ作品に期待したい。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。