『スパイダーウーマン』、主演女優を模索中 ー ストーリーはコミックに近い?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

スパイダーマンのスピンオフ作品として製作が予定されている『スパイダーウーマン』。数か月前には女優で監督のオリビア・ワイルドが今作の製作に携わることがわかっているが、それ以外主要な情報のアップデートは入ってきていなかった。

最近海外メディアが報じた内容によると、今作は現在主演をする女優探しにあたっていると状況とのことだ。

NEW CHARACTER DETAILS ABOUT OLIVIA WILDE’S SPIDER-WOMAN FILM: EXCLUSIVE

記事では主演女優に25~35歳ほどの年齢を条件にしているとのこと。すでに複数の候補と面会も行われているようだが、まだ正式には決定していない。

『スパイダーウーマン』の物語に関してはケイティ・シルバーマン氏がオリビア・ワイルドとともに脚本を執筆すると伝えられており、当初はコミックの内容とは異なるオリジンを描くといわれていたが、どうやらジェシカ・ドリューがスパイダーウーマンになるまでの物語はおなじみのコミックに忠実になることが予想されるといわれている(ヒドラの関与はのぞかれると思われる)。

『スパイダーウーマン』に関してはまだ大きく前進している状況ではないため、今後新たな情報が入り次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする