『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』、シニスター・シックスの最後のひとりは? ー 脚本家が明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

世界中で大きく大ヒットを記録している映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
今作ではかつてのスパイダーマン映画から多くのヴィランがリターンすることで、コミックにも登場するスパイダーマンのヴィランチーム「シニスター・シックス」が結成されると言われていた。

しかし今作に登場するヴィランは5人となっており、最後のひとりが誰なのかと推測するファンも多くいた。その答えが今作で脚本を務めたクリス・マッケナ氏とエリック・ソマーズ氏の二人のインタビューのなかで明らかになった。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

クリス・マッケナ:『6人目が必要ならばそれはいつもヴェノムだったと思います。彼はタグ付けされてMCU世界に入ったが、メキシコからは出たことがありませんでした。』

ヴェノムとエディ・ブロックは『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のポストクレジットシーンで、突然MCU世界に飛ばされており、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でもカメオ出演していた。

一方で物語に関わることはなく、もちろんスパイダーマンと対面することもなかった。

劇中ではメキシコの酒場にてMCU世界のことについてメモを取るエディが描かれており、ヴェノム自体は姿を現すことなかった。
そのままストレンジの魔術によって元の世界に強制送還されたが、シンビオートのかけらをMCU世界に残していってしまった

合流することはなかったヴェノムもシニスター・シックスのメンバーのひとりとしてカウントしていたようだ。

一方で前作に登場したミステリオや、『アメイジング・スパイダーマン2』に登場したライノも候補にあったことを脚本家が明かしている。

いまのところ実写映画でシニスター・シックスの全員が集合する絵面を見ることはできないが、いつか再びヴィランが集結してスパイダーマンとバトルを繰り広げる姿を見てみたいところだ。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日より日本でも劇場公開中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。