『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』日本公開日が2022年1月7日(金)に決定 ー 本国より3週遅れ

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの最新作として公開を控えている映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の日本公開日が2022年1月7日(金)になることが明らかになった。

この公開日は2021年12月17日の本国公開日よりも3週間も遅れることとなった。
同じくソニー・ピクチャーズのマーベル映画である『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は本国の10月初旬公開から、日本では12月初旬と2ヶ月も遅いスケジュールとなっていたため、まだ傷は浅いほうなのかもしれない。

新型コロナウイルスの感染拡大で映画業界は数多くの作品が公開延期を強いられ、日本ではようやく映画館が通常営業できるようになったことで、いままで延期してきた映画が続々と公開している。

一方で邦画や洋画も非常にスケジュールが詰まっているために、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』も3週間もスタートが遅れることになったのかもしれない。

いずれにしてもファンにとってはSNSやYoutubeなどでのネタバレへの自己防衛を強いられることは間違いないでしょう。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2021年12月3日よりムビチケカードが発売予定、2022年1月7日に日本公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする