『スパイダーバース』プロデューサー、スパイディ俳優3人の出演を打診していた - 残念ながら実現ならず

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ソニー・ピクチャーズが製作したアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は、公開から予想以上の大ヒットを記録し、アカデミー賞の長編アニメーション賞を獲得した人気のある作品だ。
すでに2022年には続編の公開が控えている中、実は1作目からものすごいサプライズが計画されていたことが明らかになった。

「早すぎる」と判断され保留に

『スパイダーバース』のプロデューサーであるクリス・ミラー氏は、自身のツイッターでファンからの質問に答える形式で、実は計画されていたサプライズのことを明かした。

『私たちはソニーに対して、スパイダーハム、トビー・マグワイヤ、アンドリュー・ガーフィールド、トム・ホランドが関わる野心的なアイディアを売り込みました。しかし彼らは”早すぎる”と感じたようだ。』

クリス・ミラー氏はソニー・ピクチャーズに対して今まで映画でピーター・パーカー/スパイダーマンを演じてきた俳優3人を映画に出演させるように打診していたことを明かしたのだ。もし実現していればとてつもないサプライズになっていたことは必至だろう。

残念ながらスタジオ側は1作目ともありそういったアイディアは早計だと判断して見送りとなった。ただ「早すぎる」という言葉の裏には、映画の成績次第ではその可能性もあり得ることを示唆しているともとれる。

実際に続編では3人のスパイダーマン俳優の出演の噂もあり、作品の性質上彼らが共演することは何ら不思議ではないのだ。
また当の本人の1人であるトム・ホランドも『スパイダーバース』への出演には前向きなコメントをしていたことを考えると、決して可能性が低いとは言えないだろう。

『もちろん、僕は彼らと一緒に映画を作りたいです。とてもクールだと思います!そしてそれはファンが本当に望んでいることだ。マーベルとソニーがどのように判断するかは彼ら次第です。僕は入りこむことはできません。』

果たして『スパイダーバース』の世界はどこまで拡大してくのだろうか?続編ではすでに東映版スパイダーマンの出演も確定しているといわれている。
映画は2022年10月7日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする