実写版『ソニック』続編製作が決定 - 監督や主演も続投か

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

日本が世界に誇る超有名キャラクターの実写映画『ソニック・ザ・ムービー』。初めて予告編が公開された当時は、ソニックのビジュアルに批判が殺到。急遽製作側がデザインを作り直すという異例の事態となった。

残念ながら日本での公開は新型コロナウイルスの影響で延期されてしまっているが、米国ではすでにバレンタインに公開されている。

前評判からは大きなヒットは望めないと思われていたものの、いざ蓋を開ければ非常に多くの高評価を集める結果となった。

そんな中で早くも続編製作決定のニュースが舞い込んできた。

ナックルズも登場か?

海外メディアのComicbook.comなどによると、パラマウント・ピクチャーズが『ソニック・ザ・ムービー』の続編製作を決定したと報じている。

Sonic the Hedgehog 2 Officially Announced

すでに作業中だともいわれており、ソニックの声優を務めたベン・シュワルツ、宿敵ドクター・ロボトニックを演じたジム・キャリー、そして監督のジェフ・ファウラー氏も続投されると伝えられている。

それに合わせてベン・シュワルツとジェフ・ファウラー監督もツイッターで反応を見せている。

続編にはナックルズテイルスの登場も期待されており、実写映画でさらにソニックの吉良クターたちが拡大していくこととなる。まだまだ詳細や公開時期に関しては明らかにされていないが、製作会社やセガとしても今回の映画に自信を見せたのだと思われる。

米国ではまもなくBlu-ray&DVDの発売を控えているため、日本では海外からのネタバレには注意していきたいところだ。

『ソニック・ザ・ムービー』は近日公開予定

関連記事を読む

コメントをする