S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー
価格7,150円(税込)
発売日2022年10月
メーカーバンダイ・スピリッツ
作品『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウのパッケージ

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー パッケージ

まずはパッケージから。あの話題の戦隊がついにアーツで登場ですよ。

  • S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー パッケージ
  • S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー パッケージ
S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー パッケージ S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー パッケージ

ブリスター状態。付属品周りも充実しています。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウの本体

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体

早速取り出して、S.H.フィギュアーツのドンモモタロウのレビューです。まずは全身から。

  • S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体
  • S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体
S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体 S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体

ぐるっと一周。ゼンカイザーのときから復活した戦隊アーツですが、今回のドンモモタロウもクオリティ高め。造形や等身、カラーリングも特に違和感なく再現してくれています。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体
  • S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体
  • S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体
S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体 S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体

バストアップ。大きく尖ったサングラスをしたような桃太郎デザインのマスクを再現していますね。塗り分けも良好で、口と額の桃もメタリックに塗装が施されています。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体

ちょんまげはアバタロウギアになっています。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体

法被のようなデジアンのスーツも問題なく再現。両胸にはドンブラザーズのマークがあり、ボディと腹部のスーツの質感の違いも表現しています。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体

背中も問題なし。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体 S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体

腕の太さや長さも違和感はないですね。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体

肩アーマーは腕側についています。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体

グローブのシルバー塗装もキレイ。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体 S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体

脚も太くてしっかりとしていますね。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体

太もももふといです。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体

ブーツのシルバー塗装もしっかりと再現しています。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体

腰にはアバタロウギアが収納された桃のマークがついたベルトも。ただあまり劇中で使っているのを見たことない。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 本体 ゼンカイザー 比較

S.H.フィギュアーツのゼンカイザーと比較。ちょんまげの分、ドンモモタロウの方が大きいですが、並べてもさほど違和感はないですね。ゼンカイザーは膨張色の白を使っているで、若干太く見える。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウの付属品一覧

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 付属品 手首

手首パーツは開き手首に、ザングラソードの持ち手首、ドンブラスターの持ち手首、指さし手首に大きく開いた手のパーツが1組ずつ付属。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 付属品 ドンブラスター

こちらは変身アイテムでもあるドンブラスターです。かなり塗装も細かいですし、ギアの部分も造形・塗装ともに細かい。流石に装填されているアバタロウギアの絵柄はなし。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 付属品 ドンブラスター

反対側はこんな感じ。造形も細かいぞ。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 付属品 ドンブラスター

上部の赤外線通信のマークもあり。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 付属品 ザングラソード

こちらはザングラソード。かなり長くて迫力あり。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 付属品 ザングラソード

裏面は意外とシンプル。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 付属品 ザングラソード

こちらもギアの部分の造形と塗装がリアルですね。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 付属品 ザングラソード

刀身にはクリアパーツが使用されていますね。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウの可動範囲

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 可動範囲

首の回転は広く、肩の可動も広いですね。肩アーマーは割りと干渉して吹っ飛ぶので、避けながら動かす必要があります。

  • S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 可動範囲
  • S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 可動範囲
  • 首の前後可動もそれなり。

  • S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 可動範囲
  • S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 可動範囲

腰の前後可動も問題なし。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 可動範囲

腰回転もしっかりと回りました。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 可動範囲 S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー 可動範囲

開脚は前後左右でしっかりと開きますね。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウのアクション!

Youtubeでもレビューをしていますので、ぜひご覧ください!

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

ドン!モモタロウ~!!

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

ということで、S.H.フィギュアーツのドンモモタロウのアクションをしていきましょう。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

まさかのドンブラザーズから放送中にドンモモタロウがアーツ化ですね。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

放送中に遊べるのは嬉しい。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

本体のクオリティは高い。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

アクション性も高いので、かなり嬉しいポイント。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

暴れ回るような戦闘スタイルも。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

指差し手首とかも、ドン桃らしくて好きですね。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

歌舞伎ポーズとかも。傾き過ぎな戦隊ですよ。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

ダンシングなポーズも。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

OPでのダンスもできたり。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

ちなみにドンブラスターのギアを回すよなポーズもできます。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション ゼンカイザー

ドンブラスターをゼンカイザーに持たせれば簡易的なアバターチェンジ遊びもできたり。ベルトは違いますが、これはこれでたのしい。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション ゼンカイザー

でも並べるならやっぱりゼンカイザーブラックですね。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

ザングラソードを装備。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

これは長いので、めっちゃ良い。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

クリアパーツ使用しているので、DX玩具のような見た目も良き。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

どんなポーズさせてもこのドンモモタロウは決まります。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

ドンブラスターと合わせるポーズも。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

片手に剣、片手に銃の装備も。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

アルターチェンジした際に倒れ込んだドンモモタロウも再現できる。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション 千値練 超光戦士シャンゼリオン

脚本:井上敏樹、プロデューサー:白倉伸一郎という共通点で、千値練の超光戦士シャンゼリオンとも並べる。特撮の歴史に残る怪作の戦士たちですよ。

S.H.フィギュアーツ ドンモモタロウ レビュー アクション

最後はポスターのポーズで終わり。

以上、S.H.フィギュアーツのドンモモタロウのレビューでした。

『暴戦隊ドンブラザーズ』を見ていたら確実に欲しくなる今回のドンモモタロウですが、クオリティは素晴らしいですね。造形や塗装も良好で、そして付属品にはドンブラスターとザングラソードもしっかりついてくるので、ウルトラアーツや仮面ライダーアーツとは違ってすぐに武器で遊べるのが楽しいですね。可動範囲も非常に広いので、どんなポーズも決めることができました。ここまで来たらやっぱりお供たちもぜひともアーツ化してほしいですね。イヌブラザーとキジブラザーのアーツ化は大変そうだけど。地味にサルブラザーも結構なスタイルしてますけどね。

ゆとぴ

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。