『シャン・チー』、ウォンの登場を決めた理由とは? ー プロデューサーが明かす

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ついに劇場公開された映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』では、もはやMCUシリーズではおなじみのキャラクターのウォンが登場している。
予告でもアボミネーションと戦っている姿が確認されているが、なぜ今作にドクターストレンジではなくウォンを選んだかをプロデューサーが明かしてくれた。

「私たちはウォンが大好き」

海外メディアのインタビューに答えた『シャン・チー』のジョナサン・シュワルツ氏がウォンの登場を決めた理由を明かした。

Shang-Chi Producer Explains Why Wong Shows Up Instead of Doctor Strange

『私たちは全員がウォンが登場するというアイディアに興奮していたと思います。みんながウォンを愛していたし、私たちもウォンが大好きです。ベネディクト・ウォンは最高だし、とても満足しています。』

このようにシュワルツ氏はウォンとそれを演じるベネディクト・ウォンに絶賛のコメントをしている。

『シャン・チー』が公開される前まではMCUシリーズのなかでも数少ないアジア系のキャラクターだったということもあり、今作に登場すること自体もそこまで大きな違和感はなかっただろう。

今作では映画のなかで既知のキャラクター同士の戦いのシーンを入れる際に、アボミネーションが最適だとして挙げられており、見事にそこにウォンもフィットしている。

今後ウォンやシャン・チーたちとの絡みにも期待をしたいところだ。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は2021年9月3日より劇場公開中だ。

関連記事を読む

コメントをする