『シャン・チー』、近日中に撮影再開の情報 - シドニーでも多数の目撃情報

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズにおける初のアジア人系ヒーローを主人公にした映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』。
撮影は今年から始まっていたがその直後に新型コロナウイルスの影響によって中断、監督のデスティン・ダニエル・クレットン氏も自主的に検査を受けた後に自粛に入っていた。

そしてようやく今作の撮影再開に向けた情報が入ってきた!

地元メディアも撮影セットを報じる

海外メディアのマーフィーズ・マルチバースによると、『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』が数日以内に制作再開を予定していると伝えている。

‘SHANG-CHI’ PRODUCTION READY TO RETURN TO FILMING

今作はオーストラリアのシドニーで撮影をしており、以前にもアクションシーンなどの撮影現場が目撃されていた。
またシドニーの地元メディアは今作の撮影セットの様子を報じて注目を集めている。

撮影セットにはヘリコプターでのアクションシーンや、寺院のような巨大なセットの映像が共有されている。

『シャン・チー』は初のアジア人系ヒーローを主人公としており、MCUとしても初のカンフー映画となる。
ふんだんにアクションが盛り込まれているとされる今作では、シャン・チーがマンダリンが主催する地下トーナメントに参戦するといわれている。

トーナメントの参加者の詳細な情報はわかっていないが、ドラゴンの姿をした異星人フィン・ファン・フームや、『ブラックウィドウ』に登場するといわれている複数のブラックウィドウの一人などの名前が挙がっていた。

またシャン・チーにはカンフー以外の特殊能力として、自身を複製できる力も持ち合わせているとのうわさもあった。

いずれにしてもまだまだ謎多き『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』。映画は2021年5月7日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする