『シャン・チー』監督、ディズニープラス作品はコメディに? ー シャーリン主人公のドラマの噂も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

先日、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』でメガホンをとったデスティン・ダニエル・クレットン監督が再びマーベル・スタジオと再契約し、新作映画とDisney+ (ディズニープラス)作品の製作の情報が伝えられた。

映画は『シャン・チー』の続編になるとのことだが、Disney+ (ディズニープラス)作品については詳細は不明だが、海外メディアのバラエティの新たな情報によれば、配信作品の方についてはコメディ寄りのシリーズになることが伝えられている。

具体的なキャラクター名などは示されていないが、おそらくは『シャン・チー』スピンオフ作品で、妹のシャーリンを主人公としたドラマシリーズになるのではないかと推測される。

デスティン・ダニエル・クレットン監督のコメディ演出については映画でのオークワフィナ演じるケイティのキャラクターを見れば、十分にドラマシリーズでも楽しむことができる内容になることは確認できる。

MCUシリーズにおいて明確にコメディ作品と銘打たれたものは少ないが、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や『アントマン』はどちらかといえばコメディ寄りの作品となっていた。ドラマに関しては直近のDisney+ (ディズニープラス)作品だけで言えば実は真面目な作品が多く、強いて言えば『ホークアイ』がコメディ寄りとも言えなくはないだろう。

果たしてデスティン・ダニエル・クレットン監督が新たに手掛けるコメディMCU作品とはどのようなものになるのだろうか?今後の情報に注目しておこう。

関連記事を読む