『シャン・チー』、当初はシャン・チーの兄弟の登場が予定されていた ー トーンが合わずに削除

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズとして公開され、大きくヒットを飛ばすこととなった映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』

今作は主人公のシャン・チーの家族をメインに扱ったストーリーであり、父親のウェン・ウーはテロリスト組織テン・リングスを率いる闇の存在としても描かれていた。また妹のシャーリンもメインキャラクターとして登場していたが、実は当初は弟も追加されるアイディアがあったとのことだ。

メガホンをとったデスティン・ダニエル・クレットン監督と共同脚本家のデヴィッド・キャラハム氏は海外メディアのインタビューに答え、ストーリーから削除されたシャン・チーの弟について話してくれた。

キャラハム氏:『最初のドラフトにはリコ・ウーが含まれていました。(中略)最終的には映画のトーンに全く合わなかったが、それは一部の人々が精通しているコミックからのキャラクターだ。』
クレットン監督:『ある時点ではシャン・チーは妹ではなく弟を父と一緒に置き去りにしたものがありました。それは早い段階でした。そしてそのキャラは漫画からインスピレーションを得ています。そしてある時点でそのキャラはモンスターに変わった。』

リコ・ウーという弟が存在していたことを2人の製作者が話してくれた。
具体的にどういった理由かはわからないが、映画全体のトーンに合わずに削除され、妹のシャーリンに変更されたようだ。

問題が性別にあったのか、キャラクター性にあったかは置いても、映画にとってはシャーリンというキャラクターの方が全体的なバランスとしても非常に良かったようにも感じる。

今のところリコ・ウーというキャラクターが別の作品で登場するなどの可能性はないだろうが、あったかもしれないストーリーを想像するのも楽しいだろう。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は2021年9月3日より劇場公開中だ。

関連記事を読む

コメントをする