『シャン・チー』監督、アボミネーションの真相についてコメント ー 「すぐにわかる」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズとして公開した『シャン・チー/テン・リングスの伝説』では、新たなヒーローのシャン・チーやケイティ、シャーリン、そしてヴィランのウェンウーなどのフレッシュな新キャラたちが活躍する映画となっているが、予告にも合った通り今作には『ドクターストレンジ』からウォンと、『インクレティブル・ハルク』のアボミネーションがカメオ出演している。

ファンにとっては嬉しいコラボレーションではあるが、今作の監督は今後アボミネーションの秘密についても明らかになっていくと話した。

※この記事には『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『シー・ハルク』で解決か?

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』では、妹のシャーリンが運営する格闘場でウォンとアボミネーションが対決しており、結果的にはウォンが勝利していた。その後ウォンはスリングリングを使ってアボミネーションのアドバイスをするように別の場所に移動していった。

映画ではこれ以上掘り下げられることは無かったが、今作のデスティン・ダニエル・クレットン監督はこのことについてインタビューで話してくれた。

Shang-Chi Director Promises Answers About Abomination’s Future Coming “Very Soon”

『ええ、すぐにわかると思います。(中略)かなり早く明らかになると思う理由だと思います。』

次にアボミネーションが登場するのが確定しているのはDisney+ (ディズニープラス)ドラマ『シー・ハルク』のみだ。それだけでも嬉しいことではあるが、少なくとも『シャン・チー』での出来事が触れられるのではないかと考えられる。

ウォンとの関係を見るとすでにヴィランからは立ち直っているようにも見えるが、ドラマでブルース・バナーとの関係についてもどのようになっていくのか気になるところだ。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は劇場公開中、『シー・ハルク』は2022年内にDisney+ (ディズニープラス)で配信されるといわれている。

関連記事を読む

コメントをする